« CD購入枚数 | Accueil | テレビ取材 »

04/25/2004

パブコメの真贋

私が一節を紹介したパブコメの真贋がネット上で話題になっているようですね。

私も、FAX文書をスキャンして作成したらしいpdfファイルを入手しただけですから、真贋の程は直接は確認しようがないのですが(パブコメは、マスメディアには閲覧・謄写が許されていたとのことなので、もともと「流出」という程大袈裟なものではないようです。)、誰かが捏造したにしては手が込んでいるなあという感じはします。

作成名義は、IFPIとRIAAの共同名義になっており、

「Submitted on behalf of the International Federation of Phonographic Industry by」
とか
「Submitted on behalf of the Recording Industry Association of America by」
等と書かれた下の部分は、数行分、マジックで上から消された後がありますし、
FAXのカバーシートの右上にはifpiのロゴが印刷されており、

各頁のヘッダ部分を見ると、
「22/12 '03 12:15」 マジックで黒塗り  「IFPI」
との印字がなされています(黒塗り部分には、送信側のFAX番号が印刷されていたのでしょうね。)

各頁のフッタ部分には
「IFPI-RIAA Submission form on Opinions on the draft report from the Copy Council under the Cultural Council -22 December 2003-Page」〜との印字が、本文と同じ書体によりなされており、当該文書におけるページ番号が記載されています。

また、宛先は、「Japan Copyright Office Agency of Cultural Affairs」となっています。
枚数は全8枚。
そして、下縁中央部には、1枚目から順に「67」から「74」までの数字(手動式のナンバー打機で印字されたような書体)が印字されています。寄せられたパブリックコメントをファイルにまとめるときに役所が手動式の機械でナンバリングしたのではないかと思わせるに十分なものです。

内容は全て英語なのですが、私にはこれがネイティブの英語なのかどうか見分ける英語力がないので、そこのところはよくわからないです。

ということで、これが「偽書」だとしたら、「作ったやつは凄いなあ」と正直感動してしまうようなものです。

Posted by 小倉秀夫 at 09:55 AM |

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: パブコメの真贋:

» 著作権法の改正案が参議院を通過&RIAAがパブリックコメントに輸入権設定を要求 de OTO-NETA
投票結果←改正案 参議院通過(Dubbrock's Dublog) 著作権法改正が文教科学委員会で審議にDubbrock's Dublogさんより頂いたトラック... Lire la suite

Notifié: 28 avr. 2004 à 03:42:34

» 2004-04-28 de wms: musicbiz edition
 例の怪文書を入手。一通り目を通す。ざっと読んだ感じでは、RIAA(全米レコード協会)とIFPI(国際レコード産業連盟)の意図するところは、「録音物の著作権保護... Lire la suite

Notifié: 28 avr. 2004 à 21:24:37

» 神戸の灯 de The Trembling of a Leaf -「音楽障壁」粉砕編-
 神戸へ行って来ました。 今日の行動が、個人経営の輸入盤販売店やジャズ喫茶のひしめくこの街で危機感を募らせている人たちの一助になれば良いのですが。(21:38追... Lire la suite

Notifié: 30 avr. 2004 à 21:38:43

Commentaires

Poster un commentaire