« J-WAVE | Accueil | 情報は誰のものか? »

06/10/2004

建築業界が文化庁にロビー活動を行うと

(以下はフィクションです。)

構造不況に悩む建設業界は、「知財立国」の名の下に我が世の春を謳歌するコンテンツ業界を見て、ある日ふと不況脱出策を思いついた。

 「俺たちが建てた家に、俺たちに一銭も支払うことなく使用している連中が山程いるぜ」
 「そうだそうだ。俺たちが苦労して立てた住宅が中古で売買されても、俺たちに一銭も入ってこないだなんて、世の中間違っている。」
 「世の中から中古住宅なんてなくなってしまえば、親元から独立したり転勤するなりして新たに住居を構える人は皆、我々に住宅を新築してくれと頼まざるを得なくなるんだ。そうなれば、我々建設業界は、構造不況脱出間違いないね」
 「でも、そうしたら、皆賃貸で我慢してしまうのではないか」
 「それなら、賃貸も禁止してしまおう。」
 「そうだな。俺たちが建てた家を俺たちに無断で貸して儲けているやつがいるだなんて許せないよ。そのおかげで、新築住宅が売れなくなってしまっているんだ」
 「そうだそうだ。住宅の賃貸が禁止されれば、今までは住宅を借りて済ませていた人も、新築住宅を購入せざるを得なくなるはずだ」
 「これで、我々はさらに儲かりますね」
 「でも、中古禁止、賃貸禁止なんてどうやったら実現できるのですか」
 「なんでも、『建築の著作物』という概念があって、建築物についても『著作権』の保護を受けられるらしいぞ」
 「それなら、文化庁にロビー活動をすれば、著作権保護のために、中古販売の禁止や営利目的の貸与などを禁止する法律を作ってくれそうですね。」
 
 はたして、文化庁は、著作権法46条2号と3号の間に新設3号として「三 建築の著作物をその複製物の貸与により公衆に提供する行為」という条項を挿入するとともに、著作権法26条の2第2項の規定を削除する法改正を実現した。
 
 この結果、親族・友人間以外の住宅等の譲渡や貸与は、当該住宅が「建築の著作物」にあたるときは下手をすると懲役刑まで科される犯罪行為となってしまうため、不動産業者は、新築専門の所以外は廃業を余儀なくされることとなった。その結果、転居するたびごとに新築住宅を購入することができる一部の富裕層以外は、何が何でも転居しなくとも済むように画策するか、それが果たせないときはホームレスとして生きていくよりなくなることになった。
 
 「知財立国」というマジックワードでロビー活動を行うとどんな規制でもたちどころに創設できてしまう社会にしてしまうと、活力ある社会が実現するという思考実験でした。

Posted by 小倉秀夫 at 01:13 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/742315

Voici les sites qui parlent de 建築業界が文化庁にロビー活動を行うと:

» 著作権保護期間が作者没後70年に? de noecho - 打てば響かない
松沢呉一さんは黒子の部屋729・著作権法改正の本質5で、「著作権の保護期間が作者の死後50年というのは過剰だと思う」と述べています。 '04年5月28の文... [Lire la suite]

Notifié le 10 juin 04 18:45:22

» 緊急フォーラム :音楽を自由に選択出来る権利を! de ::ShaggyDogsGallery::
たまにはCCCDのことも書いて見よう。 れしさん所で発見。METROで緊急フォーラムがある。 Metro 緊急フォーラム:音楽を自由に選択出来る権利を! 『街か... [Lire la suite]

Notifié le 10 juin 04 23:51:14

» 「建築の著作物」の中古販売や貸与が禁止されたら de OTO-NETA
建築業界が文化庁にロビー活動を行うと(benli) 小倉弁護士が、フィクションを書いています。もしも建築業界が「建物の著作物」に中古販売や営利目的の貸与が禁止さ... [Lire la suite]

Notifié le 11 juin 04 00:09:24

» 「建築の著作物」の中古販売や貸与が禁止されたら de OTO-NETA
建築業界が文化庁にロビー活動を行うと(benli) 小倉弁護士が、フィクションを書いています。もしも建築業界が「建物の著作物」に中古販売や営利目的の貸与が禁止さ... [Lire la suite]

Notifié le 11 juin 04 00:10:20

» 音楽業界が法務省にロビー活動を行うと de Unforgettable Days
以下は、あくまでも「フィクション」です。 でも、この例えを見ると、ぼろくそに言われる音楽業界ですが、弁護士なんて職業と比べれば、それでも、はるかに厳しい環境にあ... [Lire la suite]

Notifié le 15 juin 04 01:36:53

» 音楽業界が法務省にロビー活動を行うと de Unforgettable Days
以下は、あくまでも「フィクション」です。 でも、この例えを見ると、ぼろくそに言われる音楽業界ですが、弁護士なんて職業と比べれば、それでも、はるかに厳しい環境にあ... [Lire la suite]

Notifié le 15 juin 04 01:38:05

» たとえ話のつづき de at most countable
前に書いたたとえ話の妥当性の続きです。 すぐに書くつもりだったんですが、しばらく [Lire la suite]

Notifié le 20 juin 04 23:13:03

Commentaires

笑いましたが、音楽では既にそうなってしまった世界に自分がいるんだと思うと、ずいぶんと悲しくなりました。

Rédigé par: cab | le 06/11/2004 à 00:06

実は、エイプリルフールに似たような話を
書いていたのですが……。

http://blog.melma.com/00089025/20040401000014

Rédigé par: 謎工 | le 06/10/2004 à 07:27

かな~り、うけました。
夜中に1人で笑ってしまって、ちょっと不気味でしたが。

Rédigé par: netwind | le 06/10/2004 à 02:34

Poster un commentaire