« Meurtre ou L'aide de Suicide' | Accueil | 「幇助の故意」と宗教紛争 »

12/05/2004

降りるに降りられず

大学院中退者は、もっと大変みたいです。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~teorema/after.html

法務大学院中退者はもちろん、三振法務博士も同じようになるのでしょうか。

Posted by 小倉秀夫 at 12:48 AM dans D'autre problème de droite |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/2155729

Voici les sites qui parlent de 降りるに降りられず:

Commentaires

 私は人文社会系教育の中では、放送大学が一番罪が小さいと思います。学部卒業までで60万円、大学院はもう少しかかりますが、いちばん安くつく。浮いた金を書籍代や勉強時間に回せば、通常の大学へ行くよりも学問ができそうです。
 しかも、講義は日本でトップクラスの学者がやっているのです。

Rédigé par: 井上 晃宏 | le 12/07/2004 à 19:21

 自分の体験を過度に一般化しないよう心がけていて、好感を持ちました。
 この著者は三流大学であることを負い目に感じているようですが、「一流大学の大学院」だから環境が良いわけでは決してないです。電気通信大学教授中島義道の自伝「不幸について」に、同じく科学哲学科に進んだ氏の体験談が綴られています。東大法学部から哲学科に進んだ中島氏ですら、大変な目に合っています。夫婦そろって、ボスの家の芝刈りをやらされたりとか。東大修士卒後、ウィーン留学で、ドイツ語の論文を書いて博士号を取って東大の助手になったほどの高学歴者ですら、定職に就くのは大変なことなのです。

Rédigé par: 井上 晃宏 | le 12/07/2004 à 19:02

大変為になる情報満載のHPを紹介していただき、ありがとうございました。

Rédigé par: ジョミニ | le 12/06/2004 à 18:54

Poster un commentaire