« 音楽ビジネスに関する書籍(1) | Accueil | 東京新聞の実力 »

12/12/2004

Windowsでしか使えないシステムは不適

「IEでしか読めないページ,Windowsでしか使えないシステムは不適」,経産省が調達ガイドライン作成へという記事がITProに掲載されています。

「全くその通りだ!」というより他にありません。

まずは、電子内容証明をどうにかして欲しいです。

また、訴状や準備書面等をオンライン上で提出できるシステムを作成するときは、OS依存性ができるだけないシステムにしてもらいたいものです。

Posted by 小倉秀夫 at 04:18 PM dans D'autre problème de droite |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/2242413

Voici les sites qui parlent de Windowsでしか使えないシステムは不適:

» 文化庁のフレームリンクに付いて de Where is a limit?
関連リンク 笹山登生の掲示板の0318.0319.0323.0328.0330.0331.を参照下さい。 特に、0323では「W3Cでも、フレームリンクは禁止」... [Lire la suite]

Notifié le 13 déc. 04 14:49:57

Commentaires

新生銀行については、Operaのリヴィジョンを最新にしてログインしたところ、できました。リヴィジョンが古かったようです。間違った情報を書いて申し訳ありませんでした。

Rédigé par: 井上 晃宏 | le 12/17/2004 à 07:59

新生銀行もソニー銀行も、windowsですが、firefoxやNetscape、Operaで使えましたよ。
ポップアップをさせない設定によって、ログイン用の画面が出ないということはありましたが、
自分で設定するものですから。

Rédigé par: とおりすがり | le 12/16/2004 à 11:40

新生銀行は、少なくともMac用のNetscapeで使えますよ。

Rédigé par: 小倉 | le 12/14/2004 à 00:38

 新生銀行、イーバンク銀行、ソニー銀行、ジャパンネット銀行・・・
 銀行のWebサービスは軒並みIE依存です。OperaやMozillaではログインすらできません。
 金融系こそ、ウイルスを仕込まれた場合の被害が甚大なのであり、IE以外のブラウザで使えるようにしてくれなくては困るんですが。

Rédigé par: 井上 晃宏 | le 12/14/2004 à 00:32

経済産業省の
「情報セキュリティ総合戦略」
の本文48ページ(52/75))において

====
②一極集中・依存リスクを回避したIT 基盤の形成
3 年以内に着手し実行に移す項目
・一極集中・依存リスクを回避したIT 基盤の形成
 2003 年8 月に発生したBlaster ワームの問題によって、社会全体が一つのOS に依存していることのリスクが明らかになった。こうした知見を踏まえ、地理的集中、機能的集中など、一極集中・依存リスクが生じる恐れのある基盤(OS、GPS 等)について、企業や国民が選択肢を持てるように、国として何らかの代替案を確保することを検討する。
=====
と書かれています。
 この問題はマイクロソフトの問題というより、
 ①独占(寡占)の問題と
 ②安全保障(又はセキュリティ)の問題
の複合問題と思ったほうがよいですね。本来ならば、マイクロソフトだけの問題でもないですね。

Rédigé par: 丸山満彦 | le 12/13/2004 à 21:03

 東京高裁では、macが一般的な機種であることは「公知」だと認定されています。


東京高裁H15.6.4(公刊物未掲載被告人上告中)
1 本件MOに関する法令適用の誤りについて
所論は, ①本件M O はMacフォーマットで記憶されており,Macは稀な機種であるから,舶般人は本件画像を閲覧できず,視覚で認識できないから「児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したもの」とはいえず,児童ポルノに当たらない
・・・・
まず,① の点については, いわゆるマッキントッシュのパーソナルコンピュータは我が国においても広く普及していることは公知の事実であり, それらの機器を使用すれば視聴は容易であるし, 本件MOの画像データは汎用性の高い形式のファイルで保存されているから,他のパソコンに転送して表示させることも容易であり,「視覚により認識することができる方法により描写したもの」(法2条3項各号) に当たるものと認められる。

Rédigé par: 奥村(大阪弁護士会) | le 12/12/2004 à 20:28

Poster un commentaire