« mars 2005 | Accueil | mai 2005 »

04/30/2005

音楽CDは、なぜ売れたのか

 1990年代末から2000年代初頭にかけて、なぜ音楽CDが売れなくなったのかという議論が流行しました。そこでは、携帯電話やP2P、blankCDを利用したカジュアルコピー等がやり玉に挙げられました。しかし、最近は、1980年代末から1990年代前半にかけて、なぜ音楽CDがあれほど売れたのかという議論がなされているようです。

 烏賀陽弘道「Jポップとは何か──巨大化する音楽産業──」(岩波書店)は、

この成長は、アナログからデジタルへの技術革新や消費性向の変化という土壌に、テレビ・タイアップ、通信カラオケ、ミュージック・ビデオ、マーケッティングといった「Jポップ産業複合体」から生まれてきたセールス方法や新しい音楽メディアが花開いた結果である。
と述べています(194頁)。

 他方、David Kusek=Gerd Leonhard「The Future Of Music」(Barklee Press)は、

When CDs came onto the market and everyone had to convert from vinyl to digital, it was an unprecedented boom time for the music industry.
と述べています(86頁)。

 私が大学生のころにvinyl recordsからCDsへの切り替えが進み、そのことが60年代や70年代の音楽に再注目するきっかけを与えてくれたという意味で、"media conversion"のレコード産業全体の売り上げの増加への貢献は小さくないとは思いますが、"million seller"がいくつも生まれるようになったという現象の理由に関しては、烏賀陽さん的なアプローチの方が説得的であるように思います(「The Future Of Music」は主にアメリカの音楽事情を視野に入れているので、日本の音楽事情との間に齟齬があるのは仕方がないのですが。)。

 主に音楽CDを購入する人たちの情報摂取・娯楽の手段がテレビからインターネットへと移行するようになっていけば、ドラマやCMとのタイアップとして視聴者の意思にかかわらず楽曲を浴びせかけるという90年代的なセールス方法が効力を失っていくのは、やむを得ないことのように思われます。週間視聴率ベストテンの中に「サザエさん」や「笑点」が入ってくる現状では、テレビドラマとのタイアップに成功したということが「ヒット」への近道に必ずしもならなくなっています(タイアップ先のドラマがヒットすれば、タイアップ楽曲のヒットに結びつきやすいということは、「Born to love you」や「世界に一つだけの花」等の大ヒット等を見ても、未だ言えることではあるのですが。)。

 ネット時代に対応した「視聴者の意思にかかわらず楽曲を浴びせかける」手法が開拓されれば、テレビ視聴率の低下に伴うExposure機会の減少をある程度カバーできるのかも知れません。しかし、それを阻んでいるのは、IT産業に自由な(「無償」という意味ではありません。)楽曲の利用を許さないレコード業界自身ではないかと思います。
 
 

Posted by 小倉秀夫 at 12:00 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (1) | TrackBack (4)

04/28/2005

赤本掲載部分を読まれただけで満足されてしまう作品なんて

 高校受験にせよ、大学受験にせよ、受験対策をする際に、志望校(志望学部)の過去の入試問題を研究するというのは王道中の王道です。そして、志望校の過去の入試問題を研究するにあたっては、当該学校(学部)の直近数年分の入試問題とその回答・解説を掲載した過去問集を購入するのが便利です。著名大学(学部)の入試過去問集としては、駿台予備校やZ会で出版しているものもありますが、やはり老舗は、世界思想社教学社が出版している、いわゆる赤本シリーズです。

 本日の新聞各紙の報道によれば、世界思想社教学社が赤本シリーズに自分の作品を無断使用したのは著作権侵害に当たるとして、なだいなださんや、平田オリザさんら十一人と、財団法人川端康成記念会が計約730万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたとのことです。

 大学等が入試問題においてなだいなださん等の作品を転載するにあたっては、なだいなださんの許諾を必要としません。著作権法第36条第1項により正当化されるからです。

 著作権法第36条第1項

公表された著作物については、入学試験その他人の学識技能に関する試験又は検定の目的上必要と認められる限度において、当該試験又は検定の問題として複製し、又は公衆送信(放送又は有線放送を除き、自動公衆送信の場合にあつては送信可能化を含む。次項において同じ。)を行うことができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びに当該公衆送信の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。

他方、過去問集の場合、「入学試験その他人の学識技能に関する試験又は検定の目的上必要」だからではなく、「入学試験その他人の学識技能に関する試験又は検定」に備えるために必要だから、当該著作物を「当該試験又は検定の過去の問題」として複製しているにすぎません。したがって、著作権法第36条第1項の適用を受ける可能性はほぼないでしょう。

しかし、過去問集への著作物の転載に対する利用許諾を集中的に管理する組織がない現状において、「過去問集の場合、著作権法第36条第1項の適用がないから、過去問に用いられた作品の著作権者から予め許諾を得ることなくこれを出版するのは著作権侵害だ」なんてことを言い始めたら、過去問集など出版できません。新聞報道によれば、2005年度版では、なだいなださんら11人の原告の対象作品については、「編集の都合上省略」と記載の上、過去問集から削除されているそうですが、これでは過去問集として求められている機能を十分に果たすことができていません。

ここ数年、副教材や問題集等に自己の作品が転載されている作家たちが副教材や問題集等の出版元を訴えるケースが激増しています。これらの出版元が適切な抗弁事由を見いだせないでいることもあって、作家たちは勝訴しているわけですが、結局この種の訴訟って、「私の作品を勝手に利用して収益を上げるのはけしからん」という一種のエゴイズムを満足させる意味しか持っていないように思われます。所詮、入試問題で転載されるのは各作品のごく一部にすぎず、過去問集の出版元は原則として入試問題で転載された範囲を同じように転載するにすぎないので、これが元の作品の「代替物」となる可能性はほとんどなく(逆に、入試問題や過去問集で一部分が転載されているのを読んで、その作品に興味を持ち、全体を読んでみようという気になるケースは少なからずある(少なくとも私が高校生の頃はそういうきっかけで元の作品を読むようになったことは少なからずあった。)、したがって、過去問集への自分の作品の一部分の転載を禁止したところで、各作家の収入が増えるわけではなく、「創作活動へのサイクル」が強化されるわけではないからです。

私は、誰がこれら作家たちを焚きつけているのかわかりませんが、「著作権=金のなる木」とばかりに欲に目がくらんで教育的配慮を忘れてしまうこれら作家たちの本を購入して読むことは当面差し控えたいと決意しました。

Posted by 小倉秀夫 at 12:33 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (7) | TrackBack (7)

04/22/2005

著作権法の勉強法----(2)

 著作権法を勉強するにあたって何度も通読すべき教科書には、分厚すぎず、とはいえ何が論点となっているのか(そして、その論点について判例はどのような見解をとっているのか)がきちんと論じられているものを選ぶべきです。そのような観点から考えると、下記のもののうちいずれかを選ぶとよいでしょう。

  1. 斉藤博「著作権法(第2版)」(有斐閣・平15)
  2. 田村善之「著作権法概説(第2版)」(有斐閣・平13)
  3. 三山裕三「著作権法詳説—判例で読む16章」(レクシスネクシス・平16)
  4. 半田正夫「著作権法概説(第12版)」(法学書院・平17)

 民法や刑法などの普通の基本書になれている学生さんには田村・概説が読みやすいのではないかと思います。他の基本書と同様に、判例・裁判例や各学説を至る所にちりばめています。判例中心に勉強を進めていきたい方々には、三山・詳説が良さそうです。斉藤・著作権法や半田・概説は、分量的にバランスがとれているといえます。

 もっとも一つの基本書だけでは理解が深められなかったり、そもそも掲載されていない論点があったりということがあるので、参考書もあると助かります。全般系参考書としては次のようなものが参照に値します。

  1. 金井重彦=小倉秀夫編「著作権法コンメンタール(上)(下)」(東京布井出版)
  2. 加戸守行「著作権法逐条講義(四訂新版)」(著作権情報センター)
  3. 作花文雄「詳解著作権法(第三版)」(ぎょうせい)

 加戸・逐条講義は、著作権法の起草を担当した文化庁の役人が連綿と執筆しているので、立法者意思を知る上で、実務上は欠かせない文献です。ただし、判例学説等がほとんど掲載されていないため、これ一冊ではどうにもならないことも確かです。
 その点、上記コンメンタール、作花・詳解は、判例・学説の網羅性という意味では甲乙付けがたいといえます。あとは、あくまで教科書スタイルがよいのか、逐条形式がよいのかという好みの問題です。

Posted by 小倉秀夫 at 06:53 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04/17/2005

著作権法の勉強法・・・(1)

 中央大学法学部での著作権法ゼミも来週から始まるので、著作権法の勉強方法について短期集中連載することにします。

 法律の勉強ですので、


  1. 法令集

  2. 教科書・参考書

  3. 判例集


が当然必要となります。

 コンパクトな六法だと著作権法が全部収録されていない場合がありますし、模範六法でも「著作権法」は全部収録されていても、施行令や施行規則、旧著作権法、各種国際条約等までは収録されていません。そのため、著作権法を本格的に学習するためには、著作権法、あるいは知的財産権法全体に特化した法令集が必要です。
 私のお薦めは、角田 政芳「知的財産権六法(2005)」(三省堂)です。
 著作権法令研究会編「著作権関係法令集(平成17年版)」(著作権情報センター)も悪くはないですが、著作権法関係だけで2800円はつらいかも知れません。

 また、著作権法は頻繁に改正されますので、政府が提供している「法令データ提供システム」を利用して、適宜最新の条文(未施行のものを含む。)をダウンロードしておくことが求められます。

 判例集については、斉藤博=半田正夫編「著作権判例百選 (第三版)」(有斐閣)は基本文献ですので、是非手元に置いてよく読んでおいておくとよいでしょう。その他、「判例著作権法—村林隆一先生古稀記念」も比較的お勧めできるものですが、こちらは定価が11550円とかなりお高いので、学生が購入するにはつらいのではないかと思います。その他、土井輝生「知的所有権法基本判例(著作権)」(同文館)や秋吉稔弘他著 「著作権関係事件の研究」(判例時報社)などもありますが、解説が薄いので、学生がわざわざお金を払ってまで買う必要もないでしょう。逆に、岡邦俊「著作権の法廷」(ぎょうせい)シリーズは、収録裁判例数は少ないですが、解説は充実していますので、読んでおいて損はないかと思います。著作権法に的を絞ったものではありませんが、赤尾太郎=岡村久道「サイバー法判例解説」(商事法務)には、比較的新しい裁判例についての簡潔な解説が掲載されています。

 裁判例については、百選等で引用された要旨部分だけではなく、判決文全体(少なくとも、「裁判所の判断」以降)を読むことが必要です。
 大学在学中で判例検索データベースを活用できる人はそれを利用すると、判例時報や判例タイムズ等の判例雑誌の何号の何ページにその裁判例が掲載されているかのみならず、その裁判例についての判例評釈が判例雑誌や学会誌等に掲載されていれば、どの雑誌の何号の何ページにそれが掲載されるかもわかります。したがって、そういう恵まれた環境にいる間は、これを活用しない手はありません。
 判例検索データベースが活用できない環境にいる場合は、最高裁判所のウェブサイトにアクセスして、「裁判例情報」データベースを活用するとよいでしょう。また、判例検索データベースを活用できる環境にある場合でも、最高裁の「裁判例情報」データベースの方がデータの収録が早いですから、念のため最高裁の「裁判例情報」データベースを検索してみることをお勧めします。
 最高裁の「裁判例情報」データベースで気をつけなければいけないのは、たとえ知的財産権がらみの判決であっても、最高裁判例は、「知的財産権裁判例集」データベースには収録されておらず、別途、「最高裁判例集」データベースをあたらないといけないということです。また、どの判例雑誌に掲載されたのかという書誌情報が掲載されていないので、論文やレポートを書くときには、別途書誌情報を検索しないといけないといういう点も要注意です。

Posted by 小倉秀夫 at 04:48 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (1) | TrackBack (0)

04/16/2005

英語版の作成

今度、英語版blogも開始しました。

http://benli.typepad.com/benli/

Posted by 小倉秀夫 at 12:24 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (1) | TrackBack (0)

04/13/2005

不特定の者に対する幇助

 団藤重光編「注釈刑法 (2)−Ⅱ」781頁(有斐閣・昭和44年、福田平執筆担当)、大塚仁他編「大コンメンタール刑法 第2版 第5巻」442頁(青林書院・1999、安廣文夫執筆担当)によると、教唆犯が成立するためには、被教唆者は「特定の者」でなければならないとのことです。

 他方、従犯が成立するためには、被幇助者が「特定の者」でなければならないのか、それとも、不特定の者に対する幇助というのが従犯として成立するかについては、上記文献には載っていませんでした。


 「不特定の者に対する幇助」が従犯の一類型から除外できれば、Winny開発者事件なども、すっと解決しそうなのですが、いかがなものでしょうか。

Posted by 小倉秀夫 at 12:54 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (0) | TrackBack (1)

04/01/2005

スクウェア・エニックスの人格権の価値

スクウェア・エニックス社対鉄人舎のドラゴンクエスト8攻略本差止等請求事件について、ASAHIパソコン2005年4月15日号にコメントを載せました。

原告と被告のぞれぞれの主張の要旨については、ライターの佐藤さんがちゃんと調べてくれたので基本的に間違っていないと思います。

それにしても、著作者人格権侵害で1億円という損害額が認められた例はないのですが、スクウェア・エニックス社は、なぜそんなにまでして印紙代を余分に支払いたかったのか、とても疑問です。

Posted by 小倉秀夫 at 02:13 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (1) | TrackBack (0)