« avril 2005 | Accueil | juin 2005 »

05/31/2005

「P2Pを巡る法律問題」に関する論文

 昨年、「法とコンピュータ学会」で発表した「P2Pを巡る法律問題」について、これをまとめた論文の初稿を、昨日、学会事務局に提出しました(締切前日に)。本文では、現行法の解釈論をガシガシとやっているのですが、まとめの部分では、この問題の解決は本来解釈論ではなく立法論でやるべきということを軽く触れていますので、少しご紹介したいと思います。

 立法論に関する私見を学会誌で述べるか否かは、まだ考慮中です。





五 まとめ

 以上、P2Pに関する法律問題について、現行法を前提とする解釈論を縷々論じてきた。

 この問題は、公衆が公衆に向けて様々な種類の情報を発信することを可能とする技術が現れた場合に、その技術を利用して公衆に向けて情報を発信したい者、その技術を利用して公衆に向けて情報を発信するのに便利なサービスを提供しようとする者、並びに、ある種の情報が公衆に向けて発信されることを望まない者、の三者について、誰にどれだけの我慢や負担を強いるのかということに帰着するものである。このような複数当事者の利害が対立する問題について、これら対立する利害を調整し、バランスのとれたルールを制定するのは、本来裁判所の仕事ではなく[55]、議会の仕事である。しかも、議会が予めルールを明文化してくれていれば、P2Pサービスを公衆に提供しようとする事業者は、何をし、または何をしなければ、法的制裁を加えられずに済むかを前もって知ることができるため、第三者の利益を不当に侵害しないビジネスモデルを構築してそこに多額の資金を投ずることが可能となる[56]。したがって、P2Pを巡る法律問題については、特別立法を制定することにより解決することが望ましいというべきである。



[55] 関係する様々な利害関係者の生の声を吸い上げる機能に劣る裁判所が背伸びをして「社会のニーズ」を判断して「法創造」を行おうとすると、勢い、より「公(おおやけ)性」をまとった利益集団の声を「社会のニーズ」と勘違いしてしまいがちになるのではないだろうか。裁判所が「法創造」を行わざるを得ない米国においては、重要な判例形成がなされる可能性がある訴訟事件については、訴訟当事者ではない利益集団が「裁判所の友(Amicus Curiae」として意見を述べる機会が与えられており、関係する様々な利害関係者の声を吸い上げる機能を裁判所が制度的に有している。このような機能を有していない日本の裁判所が「法創造」を行う前提となる「社会のニーズ」を適切に判断しうるのかは大いに疑問である。


[56] 「法創造」的な解釈により刑罰権の対象や対世的な禁止権の対象がアドホック的に拡張される法環境のもとでは、新しいビジネスモデルを構築しそこに多額の資金を投ずることには躊躇をせざるを得ない。そこには一種の萎縮効果が発生し、本来許されるべきあるいは推奨されるべき情報通信サービスが提供されなくなる危険が生ずる。特に、「法創造」的な解釈によりアドホック的に禁止されることとなったサービスを提供した会社の代表者が個人として多額の損害賠償義務を負うような法環境のもとでは、新しいビジネスモデルを構築して公衆に提示する新興企業の経営者は、裁判所による「法創造」という事前に予期し得ない現象によって、当該企業に投下した資本の額を超えてその個人資産まで喪失するリスクを負うことになるから、経済的合理性に基づいて行動する場合、自己の経営する企業では新たなビジネスモデルは提示すべきではないという結論が導かれることになる。しかし、そのようなリスクを怖れて誰も新たなビジネスモデルを構築しなくなれば、社会の発展を停滞することは明らかである。

Posted by 小倉秀夫 at 10:56 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05/20/2005

日本のルール? JASRACによる「rule」ではなくて?

「「iTMSも日本のルールで」——JASRAC、ネット配信に期待」という記事によると、iTMSについて、JASRACは、Apple社に対し、「日本のルール」に従うことを求めているようです。

そこでいう「日本のルール」というのは、記事から判断すると、

1.  1曲あたり7.7%もしくは7.7円の使用料を支払うというルール
2.  ユーザーに著しい不便を強いるDRMを採用するというルール

のようです。

 前者についてはクリアできそうな気がしますが、後者は厳しそうですね。Appleとしては、

   iTMS→Mac→iPod

という利用手順ははずせないところですし、日本の消費者だけCD-Rへの焼き付けを禁止するDRMを開発して組み込むというのも大変そうです。それに、日本でだけそんなことをしたら、それこそ世界の笑いものですね。「日本の音楽著作権者って、なんて了見が狭いんだ!!」

 それ以前に、JASRACが、何を根拠に、配信事業者がDRMを課すか否かについて口出しできるのかを理解できていないのですが。

Posted by 小倉秀夫 at 03:50 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (3) | TrackBack (2)

05/13/2005

レコード輸入権のその後

レコード輸入権導入後の運用状況等について原稿依頼が来てはいるのですが、実際のところどうなっているでしょうか。

洋盤はいよいよAmazonでしか買わなくなったので、私自身は実感がわからなくなってしまったのですが。

Posted by 小倉秀夫 at 11:09 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (0) | TrackBack (6)

05/08/2005

音楽の未来

月刊誌「OHM」の2005年5月号に「音楽の未来」という題で短い原稿を寄稿しました。

ここでは、「実力派の路上ミュージシャンが、その優れた作品を広く音楽ファンに届け、これにより生計を立てていくにはどうしたらよいか」というテーマについて手短に論じています。

Posted by 小倉秀夫 at 02:30 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (1) | TrackBack (0)

05/05/2005

CCCDとライセンス料等

 私的録音録画補償金制度を拡充するかあるいは縮小・廃止するかということが、次期著作権法改正の重要な争点となりつつあるようです。

 この問題を考える上で重要なのは、「著作物が複製されること自体によって、著作権者はいかなる損害を現実に被るのか」という視点で物事を考えていくことです。

 著作物の複製物が公衆に頒布される場合、正規製品と市場で競合しますから、正規製品の売り上げが減少したり、正規製品の出荷価格を引き下げなければならなかったりということで、著作権者が一定の損害を被りうるということはわかります。しかし、消費者が市販の音楽CDを購入してそのCDに収録されている楽曲をiTunesを通じてiPodに転送するようないわゆる「Media Shift」の場合、正規製品とは市場で競合しません。そのような「Media Shift」としての「複製」が野放しになされると、それがなされないときと比べて、正規製品の売り上げが減少してしまうとか、正規製品の出荷価格を引き下げなければいけなくなるという関係はありません。

 もちろん、貸しCD屋さんに言って音楽CDを借りてきてその収録楽曲をBlankCDに複製するような場合は、「CDレンタル&BlankCDの販売」は「正規の音楽CDの販売」と一定の限度で市場で競合します(ただし、消費者が音楽という娯楽に支出しうる金額が無限でなく、音楽CDの貸与を受けBlankCDを購入して複製するのに要する費用と正規の音楽CDを購入するのに要する費用とが同一でない以上、「CDレンタル&BlankCDの販売」が1つ増えると「正規の音楽CDの販売」が一つ減るという1対1の関係には立ちません。)。したがって、音楽CDが1枚レンタルされこれがBlankCDに複製されることにより正規の音楽CDの売上枚数がどの程度減少するかを「法と経済学」的な手法により分析した上で、これに対応するライセンス料の減少分を「CDレンタル許諾料+私的録音録画補償金」でカバーするというのは一定の合理性がないわけではありません。

 そういう意味では、「CDレンタル&iPodへの複製」により正規の音楽CDの売上枚数の減少分に対応するライセンス料の減少分を「CDレンタル許諾料+私的録音録画補償金」でカバーするのもまた不合理ではないかも知れません。ただ、「私的録音録画補償金」は正規の音楽CDを購入して「Media Shift」をしているだけのユーザーにも負担を課している点で問題が大きいような気がします。「CDレンタル&媒体への私的複製」によるライセンス料収入の減少を補うのは、もっぱらCDレンタルについてのライセンス料によってまかなうべきではないかと思います。

 そしてその場合、消費者に私的複製をなさしめない「CCCD」については、「CDレンタル&媒体への私的複製」によるライセンス料収入の減少を補うという意味を帯びないわけですから、公衆に刹那的に音楽を享受させることしかできないという意味で共通点を有する「公への演奏」と同様に考えていいのではないかという気がします。
 すると、JASRACの使用料規程によると、定員1万人までの会場で演奏する場合、5分あたり8000円のライセンス料を支払えばいいことになっていますから、CCCDのレンタル料金は、収録時間5分あたり0.8〔円/人〕でよいように思います。これでいくと、収録時間約60分の音楽CDで、0.8×(60÷5)=9.6円程度のライセンス料を支払えばよいということになります。現在、月間1万回の貸出しを行うレンタル業者は月額40万円、レンタル1回あたり40円のライセンス料を支払うことになっていますから、CCCDのレンタルについていえば、JASRACはライセンス料を取りすぎであると言えそうです。
 

Posted by 小倉秀夫 at 05:57 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle | | Commentaires (1) | TrackBack (3)