« PCJapan11月号 | Accueil | パブコメ2005〜強制許諾 »

10/05/2005

パブコメ2005〜私的録音録画補償金編

とりあえず、下記のようなパブコメをメールで提出しました。


 私的録音録画補償金について
 
 私は、私的録音録画補償金制度はそもそも廃止すべきであると考えます。
 なぜならば、私的使用目的の録音録画がデジタル形式で行われたとしても、そのことは、権利者の経済的利益を何ら害しておらず、したがって、「補償」の対照となる損失が何ら生じていないからです。
 より詳しく述べると次のようになります。
 まず、私的使用目的の録音録画は、音楽CD等の売上げを一般に減少させません。
 iPodを例にとって説明すると、iTunesというソフトウェアを用いて市販のCDからパソコンに接続されたハードディスク等に楽曲データを複製し、上記ハードディスクに蔵置されている楽曲データを同じくiTunesというソフトウェアを用いてiPod内蔵のハードディスクに複製するということで2回の私的使用目的の複製がなされることになりますが、この2回の複製がなければ当該ユーザーは同じCDをさらに2枚余分に買ったであろうかといえば、ほぼ100%そんなことはないと言い切ることができます。
 また、ハードディスクタイプの家庭用ビデオ機器においても、通常は、その番組が放送している時間帯にはその番組を視聴することができないので時間をずらしてそのテレビ番組を視聴するために番組を録画する「タイムシフト」視聴目的の録画のために用いられています。現在、見たいテレビを見逃してしまった視聴者のために、放送直後からその番組を収録したDVD等を販売するような利用方法は一般に行われていないのですから、このような「タイムシフト視聴」目的の録画が著作物等の通常の利用を妨げていないことは明らかです。 

 また、仮に私的録音録画補償金制度を維持しまたは対象を拡大する場合、音楽CD等に収録された他人の著作物等の複製に用いない対象製品について補償金相当額の返還を受けるために要する費用については、指定管理団体の側で負担すべきであると法律に明記すべきです。
 なぜならば、対象製品を私的使用目的の録音録画に用いない者はそもそも私的録音録画補償金を支払う義務を負わないところ、権利者側の事務負担を軽減させる目的で権利者側の要求に応じて対象商品の製造業者が補償金相当額を購入者に無断で製品価格に上乗せしてしまっているわけで、当該製品の購入者が補償金相当額の返還請求をせざるを得ない状態に陥ったことについて、購入者はこれに何ら寄与していない一方、権利者側は多大な寄与をしているからです。また、権利者側がそのような手続に要した費用を負担しなければならないとなれば、私的使用目的の録音録画以外の目的に用いられる蓋然性の高い製品について補償金の支払を求めることを控えたり、補償金相当金の返還を受けるための手続を簡略化したりするインセンティブが権利者側に生ずることとなり、法の趣旨に反して過剰に補償金が徴収される事態をある程度抑制することができます。

Posted by 小倉秀夫 at 07:43 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/6266532

Voici les sites qui parlent de パブコメ2005〜私的録音録画補償金編:

» iPod課金の是非に対するパブリックコメント募集開始!! de Where is a limit?
 文化庁経由「文化審議会著作権分科会法制問題小委員会 審議の経過」に対する意見募集についてが掲載されています。気になる部分を引用させて戴くと【御意見の提出方法】 (1) 提出方法:郵便、FAX又は電子メール ※ 電子メールによる場合、テキストファイルにてお..... [Lire la suite]

Notifié le 5 oct. 05 23:24:34

» 締切ぎりぎりパブコメ提出 de 鎌津間ブログ
 先ほど、文化庁 へ意見してみました。今日が締切って気が付いてチと慌てて。お題はもちろん私的録音録画補償金制度。勢いで書いたわりに上手くでけた、と思ったのも束の間で、何だか漠が然としてますやん。大上段に素振り、みたいな。でもま、とりあえず。こんなん↓ですけど... [Lire la suite]

Notifié le 8 oct. 05 02:34:52

Commentaires

全く持ってそう思います。
何でユーザーの方が無駄に金を払ったり、手間を掛ける必要があるのか理解できない制度ですから。

Rédigé par: sakimi | le 10/05/2005 à 20:33

Poster un commentaire