« 実の著作権者は宇宙界にあり | Accueil | アクセス可能性の有無から蓋然性の高低へ »

06/24/2006

海賊党

 他人が著作権を有する作品を無断でコピーして販売する行為を「海賊」(pirate)行為ということがありますが、考えてみると不思議な命名です。illegalってだけなら「海賊」よりももっとふさわしいアナロジーがありそうなものです。山賊でも海賊でも「賊」というからには、暴力を背景にして他人の財物を奪い取るくらいの意味範囲が必要なのではないかとも思うのですが、海賊版の製作・販売にはそういう暴力的な要素は通常ありません。

 従前「海賊」行為がいかなる国の主権も及ばない公海上で行われそれゆえいかなる国もこれを取り締まれなかったように、海賊版の製作も、著作権条約非加盟国で行われ、それ故いかなる国もこれを取り締まれないということのアナロジーで「海賊」という語が用いられるようになったという見解もあるようですが、そうだとすると、日本国内で製作された違法コピーを「海賊版」というのは「海賊版」という言葉の射程範囲を広げすぎではないかという気がします。

 私たちは、「海賊」というとネガティブなイメージを強く持ちます(「小さなバイキング・ビッケ」のファンはそうでもないかもしれませんが。)から、著作権条約加盟国内で行われた無許諾コピーを「海賊」版と呼ぶのはある種のイメージ操作という側面もあるのかもしれません。

 もっとも、「海賊」という言葉がどの社会でもネガティブイメージで捉えられているのかというと必ずしもそうではないようです。たとえば、「小さなバイキング・ビッケ」の原作者であるルーネル・ヨンソンの出身国であるスウェーデンでは「海賊党」(Piratpartiet)が大まじめに作られ、しかも今年の選挙では得票率が4%を超えて議席を獲得しそうな勢いだと報じられたりしています。

 この「海賊党」の基本政策は3つです。Pro-Privacy、Anti-Copyright、Ant-Patentです。

 海賊党の提唱する著作権法に関する具体的な政策は、次の二つです。

The Pirate Party wants a right for every citizen to gather, use, derive from, and distribute any culture, knowledge and public information, as long as it is for non-commercial use.
Copyrights need to return to a fair and balanced level, so the creator can have a short but long enough time of protection - say, five years - to make money off creative works in commercial environments.
 まあ、特許制度についての基本政策
Patents are counteracting their original purpose, and need to be abolished completely.
と比べたら、商業的な環境において創作的な作品から収益を売るための保護を「5年も」認めてくれるだけましと言えなくはないのですが、かなり過激な提案です。

 wikipediaの記載によると、海賊党の勢いに押されて、スウェーデンの法務大臣であるThomas Bodström氏が、ファイル共有を違法とするために2005年に導入された法律の見直しに向けて協議を行いたい旨呼びかけたりするまでに至っているとのことであり、この「愉快な青年バイキング」*の蛮勇がスウェーデンにどのような著作権政策の変更をもたらすのか、9月の総選挙まで目が離せないところです。

*
 海賊党の党首であるRickard Falkvinge氏は1972年1月生まれの34歳とのことです。

Posted by 小倉秀夫 at 11:12 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/10656414

Voici les sites qui parlent de 海賊党:

Commentaires

N先生、貴重な情報有り難うございます。

それにしても、フランスの立法府というのは結構無茶苦茶しますね。手続的にも。

Rédigé par: 小倉秀夫 | le 07/05/2006 à 21:36

著作権法学会懇親会では、お目にかかれて光栄でした。

昨日、フランスの著作権法改正案(projet de loi DADVSI)が国民議会(下院)を通過しました。
http://eucd.info/index.php?2006/06/30/333-french-parliament-approves-the-worst-copyright-law-in-europe

反対運動体のeucd.infoは、次は違憲立法審査だ!と言っています。調べてみたら、通常法律についての違憲立法審査は、60人以上の国民議会議員または60人以上の元老院(上院)議員からの申し立てがあれば開始されるとなっています。eucd.infoには、このハードルを超える準備(ないし自信)があるのでしょう。

DADVSIについて、英語のWikiが作られているのでご紹介します。なかなかよくできているみたいです。
http://en.wikipedia.org/wiki/DADVSI

一次資料をきちんとふまえた紹介論文を書きたいのですが、公私とも多忙で時間がとれません。続報をお届けすることができるかもわかりませんが、とりあえず第一報まで。

Rédigé par: D大学のN | le 07/01/2006 à 13:56

瀬戸内の海賊は、武力を背景に海運を支配し、無断で通ろうとする船を襲ったり通行料などを取っていたそうです。
どちらかというと取り締まる側だったようです。

Rédigé par: 無七志 | le 06/24/2006 à 21:58

Poster un commentaire