« テレビ局と上映権侵害 | Accueil | 格安CDとDVD »

05/31/2007

イメージシティ事件について(続)

 イメージシティ事件の解説は、一般向けのものはゲームラボに、玄人向けのものはLexisNexis判例速報に、それぞれ掲載しようと思います(連載誌を大切にしなければ……。)。

 それはともかく、そもそも携帯電話を使わない私としては「ユーザが個人レベルで本件サービスと同様にCD等の楽曲の音源データを携帯電話で利用することを試みる場合、(中略)本件ユーザソフトを用いなくても、フリーソフト等を使って3G2ファイル化することは可能であるが、これを再生可能な形で携帯電話に取り込むことに関しては、技術的に相当程度困難である」という点が少々解せません(Googleでちょっと検索しただけでも、パソコンから携帯電話へ音楽データ等を転送することを可能とする商品はたくさん検出されるのですが。)。

 それはともかく、「ユーザーのパソコンの記憶装置に蔵置された3G2ファイル化をインターネット経由で携帯電話に取り込むことを可能とする」だけであれば、サーバに楽曲データを保存しない方式でもよかったのではないかという気がします。登録されたパソコンと携帯電話が共にインターネットを通じてサーバコンピュータと接続しているときに初めて、パソコン側に蔵置された3G2ファイルをサーバに向けて送信し、これをサーバ側でハードディスク等に蔵置することなく、そのまま携帯電話側に転送するシステムでも足りたのではないかという気がするのです(RAMを大きめにとれば可能でしょう?)。というのも、選撮見録事件大阪地裁判決がある(「1人でも公衆」はカラオケボックスに関するビッグエコー事件地裁判決が援用される危険が高いわけですし。)以上、音楽ファイルを実際に使用する者以外が所有又は管理するサーバに音楽ファイルを蔵置した場合は、サーバの所有者が複製及び自動公衆送信(送信可能化)の主体とされる危険性があることは明らかだったからです。

 サーバ側で一切「複製」を行わない場合、争点は、データを中継するだけのサーバが「公衆用自動複製機器」に該当するのか否かということと、ユーザーが自分のパソコンから自分の携帯電話へデータを転送するための中継を行うことが自動公衆送信に該当するのか否かということが争点となるとは思いますが、これらを肯定することのハードルというのはより高かったのではないかという気がします。

Posted by 小倉秀夫 at 09:57 PM dans au sujet de la propriété intellectuelle |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/15270745

Voici les sites qui parlent de イメージシティ事件について(続):

» 「著作権がイノベーションを阻害する」への指摘 de mohno
池田氏のエントリ「著作権がイノベーションを阻害する」の何が雑であるのか、具体的に書いておこうと思う(オルタナティブに書くのをやめたのは、単なるエントリ批判に過ぎないからだ)。なお、MYUTA のようなサービスを禁止すべきであるとか、法律が完全なものだ、などという主張はしていないので、主張していないことに反論されても困る。(どっちにしろ、ここではアカウント取らないとコメントできないのだけれど)最初の段落は、前ふりだから個人的意見としては問題ないと思う。だが、2段落目の工芸品や宝石などにも「名匠」とよば... [Lire la suite]

Notifié le 5 juin 07 18:32:30

Commentaires

私も、MYUTA の必要性が理解できないでいたのですが、携帯の容量を超えた楽曲を保存しておけ、外出時にも自由に入れ替えられる程度の話なのかと考えています。昨今のメモリの価格を考えても、そんなに広まりそうな気がしないのですが。
中継サービスの場合、自宅に電源を入れっぱなしたパソコンを用意しないといけないですよね(電気の無駄遣い)。

Rédigé par: mohno | le 06/01/2007 à 01:34

Poster un commentaire