« YouTubeとニコニコ動画と受忍限度 | Accueil | Je suis un homme »

10/26/2007

Japanese Boy

 Shanadooの新曲"Japanese Boy"が、ドイツシングルチャートで初登場23位です。

 そこそこ売れるには、音楽的新味は不要ということなのか、日本のリスナーからは古くさい音楽ではドイツ人には新鮮に聞こえるのか、よく分からないのですが。

Posted by 小倉秀夫 at 02:00 AM dans musique |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/16875461

Voici les sites qui parlent de Japanese Boy:

Commentaires

日本だと中田ヤスタカ氏プロデュースのPerfumeなんかが流行っていたりしますが、音楽的には新鮮味に欠けますし、一昔前(と言っても10年も遡らない程度ではありますが)によく見受けられたボーカルのAutotune処理を用いているところなどは「古さ」さえ感じるくらいですから、「そこそこ売れる」には楽曲性の新しさが必要であるというよりは、むしろキャラクター性の新しさの方が必要となってくるのかも知れません。

Rédigé par: 福田 | le 10/26/2007 à 04:47

Poster un commentaire