« "Tout va pour le mieux" | Accueil | Japanese Boy »

10/23/2007

YouTubeとニコニコ動画と受忍限度

 自分が出演したテレビ番組(って数回しか出ていませんが。)をYouTubeにアップロードされるのと、ニコニコ動画にアップロードされるのとでは、全然等価ではないように思います。

 前者の場合、その映像なり情報なりをできるだけ多くの人に知ってもらおうというある種の善意を感じますが、後者の場合、その映像なり情報なりをネタにして遊んでやろうというある種の悪意を感じるからです。著作権だ、著作隣接権だという財産権以前の問題として、自分をネタにして公然と玩ばれない権利というのが、人格権ないし幸福追求権の一内容としてあって、ニコニコ動画の場合、この種の権利を侵害しているのではないかという気がするのです。

 侵害されるのが著作権や著作隣接権なりの財産権のみであれば、プロモーション効果等を重要視して許諾システムにより事実上、または報酬請求権化により立法上、動画共有サイトを合法化していくというのはありだと思うのですが、人格権侵害が伴う場合には、プロモーション効果等を強調して受忍限度を高くすることが適切なのかという疑問が生じたりはします。

Posted by 小倉秀夫 at 01:42 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/16845429

Voici les sites qui parlent de YouTubeとニコニコ動画と受忍限度:

» 有名税? de 秋葉に棲む
YouTubeとニコニコ動画と受忍限度 見方として面白いなと思った。 遊ばれるのはいわゆる有名税なのかな(たとえ数回の出演だとしても)、その辺を考えると僕なんかは小心者なの... [Lire la suite]

Notifié le 23 oct. 07 10:36:38

» ニコニコ動画が違法に?第一節 私の立場 de インターネットの真の姿とは
この話題を議論する上でまず大切なのが私の立ち位置だろう。これを明確にせずしてこの問題を語れない。 Web世界についてどう思っているか。Webは、何が正しいのか、これから正しくなるのかはわからない。ただ、根底にある気持ちとしては 1,コンテンツがより豊富に→(著作権... [Lire la suite]

Notifié le 23 oct. 07 23:17:16

» ニコニコ・・・ニコニコ動画のことね^^; de 「魔法のiらんど」ってナンダ?!
何で「ニコニコ」なんてキーワードに 人気があるんだ?って不思議に思ったんだけど、 なるほど、「ニコニコ動画」のことね(笑) 名前からしてYouTubeみたいなサービスかな、 と思ったんですが、実際には 他の動画配信サイトで配信されている動画の 「動画上」にコメントを投稿・表示できるシステムなんだって。 つまり、自分で字幕が作れるってこと? ... [Lire la suite]

Notifié le 25 oct. 07 00:10:24

» JASRACの著作権=ニコニコ動画・YouTubeと協議の真相! de ミツナリの噂のゴールデンボール!
 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は、動画共有サービスにおけるJASRAC管理楽曲の利用について、ニコニコ動画・YouTubeとの協議を開始したことを明らかにしたようだ。 動画共有サービスにおけるJASRAC管理楽曲の利用については、Yahoo!ビデオキャストがJASRACの利用許諾に合意した上でサービスを提供しているが、ニコニコ動画・YouTubeに関しては「違法な動画の数が突出してい...... [Lire la suite]

Notifié le 30 oct. 07 22:26:38

» 「エアーマンが倒せない」本日よりカラオケ配信開始&レビュー de えぬぱすどっとねっと
焼です。先日「エアーマンが倒せない」【AA】のカラオケ配信について紹介しましたが、本日10月31日よりJOYSOUND系カラオケで歌えるようになっています。なので早速歌ってきましたよwww [Lire la suite]

Notifié le 31 oct. 07 16:44:25

Commentaires

 番組にもよるのでしょうが、テレビ局でも先週一般人を巻き込んで(しかも、ウソの台本で、顔にモザイクを入れるとか声を変えるとかの処理なしに)放送したばかりです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/15/news008.html

 しかも、当のTBSは何が問題なのかも判らないとコメントしたそうです。(追記の部分)
http://japan.cnet.com/interview/biz/story/0,2000055955,20359336-2,00.htm

 これが氷山の一角だとすると、どっちがと言う話ではないと思います。
 逆に、発信した情報の訂正の困難さを考えると、放送という形態で扱われる人格無視の行為の方が問題だともおもえるのですが。

Rédigé par: tammy | le 10/24/2007 à 12:25

人格権を重視すれば、テレビ局などが映像をオープンなネット上に例外的な場合を除き公開しないのは十分な正当性があると思いすがどうでしょうか?また、日本では、著作物には自分の魂が宿っていると考える人も多いと思いうので、取説等を除いて財産権だけが問題となる著作物は案外少ないのでは?

Rédigé par: FooOne | le 10/24/2007 à 02:39

まじめな内容なら、ニコニコの方がよく議論されているように感じます。

Rédigé par: a | le 10/23/2007 à 18:11

ニコニコは悪意溢れる空間であるという色眼鏡がかかってるのでは?

Rédigé par:   | le 10/23/2007 à 16:18

利用規約(http://jp.youtube.com/t/terms)の6.Cによれば、YouTube に投稿されたコンテンツに対する派生著作物の作成が認められているので、YouTube への投稿は公然と玩ばれる素材を提供しているのと「等価」ではないですか? ニコニコ動画も元は YouTube がベースでしたし、rimo.tv は、いまでも YouTube ベースですよね。
まあ、そもそもライセンスを保有していないものの投稿は6.Bに反しているのだから規約もへったくれもないという話であれば、そりゃそうなんですが。

Rédigé par: mohno | le 10/23/2007 à 02:22

Poster un commentaire