« 私的録音録画小委員会中間整理に関する意見 in 2007 | Accueil | 2つのザナドゥ »

11/27/2007

浪費癖のある女王を何とかしなければ革命の発生を抑えることは難しい

 岸博幸エイベックス取締役の「著作権法改正巡る2つの対立・「思いやり」欠如が招く相互不信」という文章が話題を集めています。


 岸さんは、

 JEITAもMIAUも、個々の論点に関する主張には理解できる部分もあるが、全体として、制度変更に対する批判ばかりで、その前提としてクリエーターに対する思いやりが足りないのではないだろうか。今回文化庁が提示した制度改正が最善の策とは思わない。しかし、現行著作権法の抜本改正がすぐにはできないなか、深刻化した違法コピーとダウンロードへの対応として、権利保護の強化は止むを得ない面を持つのではないだろうか。
とまで仰っています。その点、私はこれまでもクリエーターに対する思いやりに基づく制度変更を提案してきました。そうです。クリエーターのメディアからの保護を手厚くするというものです。


 私的録音録画補償金制度を拡充することによるクリエーターへの分配金の増加予想額や、私的録音録画を禁止することによる正規CD等の売上増大によるクリエータの印税・歌唱印税の増加予想額なんて、印税率・歌唱印税率を1%引き上げることによる印税・歌唱印税の増加予想額と比べたら微々たるものです。また、レコードに収録した楽曲と同じ楽曲を実演家が実演してネットで配信することをレコード会社が契約等で禁止することを禁止してしまえば、音楽配信に消極的なレコード会社と専属実演家契約を結んだアーティストでも、ネットを利用して収入の増大を図ることができます。


 岸さんは図らずも、

かつてハリウッドの高名な人が「コンテンツが王様で、流通は女王である」という名言を吐いたが、デジタル時代は「プロのコンテンツが王様」なのである。その王様を突き上げていれば改革が成就するなどと考えるべきではない。
と仰っています。そうです。レコード会社も放送事業者も、「流通」でしかないのです。王様を虐げて王様から富を搾り取り続けている「悪女」的な女王を改心させあるいは王家から排除していくことは、王制を前提とした改革としては基本的なものの一つです。そのような女王を改心させることも排除することもできず、恣に女王が浪費する分を大衆からさらに搾り取ることで調達しようとするならば、「改革」では収まらず、「革命」にまで至ってしまうことは歴史が示すとおりです。

Posted by 小倉秀夫 at 02:19 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle |

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 浪費癖のある女王を何とかしなければ革命の発生を抑えることは難しい:

Commentaires

悪い王妃説には全面的に同意しますね。

現状は、王妃は王様あっての王妃であるはずなのに、「私の発言こそが王だ」といったところになっていますね

Rédigé par: 酔うぞ | 27 nov. 2007 à 23:36:57

Poster un commentaire