« Gospel With No Lord | Accueil | コピー制御信号を脅しに使うことについて »

04/29/2008

管理していない楽曲の分の使用料は受け取るべきではない。

 JASRACに公正取引委員会が立入検査に入った件についての解説は,ゲームラボの連載コラムで記載しました。ここでは,ではJASRACはどうすべきかについて思うところを書くことにします。

 話は簡単で,JASRACが管理していない分については,JASRACは放送使用料をもらうべきではないということです。もともと,放送事業収入の1.5%という放送使用料は,放送で使用される楽曲のほとんどがJASRACの管理著作物を使用していた時代に作られたものですから,JASRAC以外の管理事業者が著作権を管理する楽曲が使用される割合が増大すればするほど,「放送事業収入の1.5%」をJASRACのみが独占的できる正当性がなくなります。

 実際,特定の1週間のサンプリング調査により,または,放送局の使用実態報告書等により,一定数以上放送されたことが明らかな楽曲について,JASRACに著作権を信託譲渡をしていれば,放送事業者が支払った放送使用料の中から印税の支払いを受けることができるのに,JASRACに著作権を信託譲渡していなければ放送事業者が支払った放送使用料の中から印税の支払いを受けることができない(その分は,JASRACまたはJASRACに著作権を信託譲渡している作詞家・作曲家が余分に利益を得る)というのは,不公正ですらあります。

 この問題は,放送に関する包括利用許諾契約のみならず,JASRACが行っている包括利用許諾契約一般について言える(例えば,カラオケ歌唱等)ことなので,公正取引委員会にとやかく言われる前に,文化庁はJASRACに対し,JASRACが管理していない楽曲についての使用料に相当する金額については,包括的利用許諾契約の相手方からこれを受け取らないように行政指導をすべきだと思います。

Posted by 小倉秀夫 at 02:05 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/41027383

Voici les sites qui parlent de 管理していない楽曲の分の使用料は受け取るべきではない。:

» PERFUME の「ポリリズム」は JASRAC 管理楽曲ではない!? de mohno
末廣恒夫氏の「包括契約が問題なのか?」というエントリに、bluetone さんがコメントしていた。中田ヤスタカはノンメンバー(無信託)ですよ。出版社がメンバーなのでJ-WIDで引っかかりますけど、基本的にPerfumeの曲はJASRACと無関係です。80へぇ(←古いッ)。JASRAC...... [Lire la suite]

Notifié le 30 avr. 08 12:15:49

Commentaires

「独占的状態の定義規定のうち事業分野に関する考え方について」の一部改定について
平成18年9月8日 公正取引委員会

http://72.14.235.104/search?q=cache:l48CbQ3PGkgJ:search.e-gov.go.jp/servlet/Public%3FANKEN_TYPE%3D3%26CLASSNAME%3DPcm1040%26btnDownload%3Dyes%26hdnSeqno%3D0000013887+%E7%8B%AC%E5%8D%A0%E7%9A%84%E7%8A%B6%E6%85%8B%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9%E8%A

前回の自分のレスで「公取委見解」として引用したものは、以下部分↓該当する著作権管理団体の見解に対する回答、というか認識の間違い指摘、ですねw

>3 音楽著作権管理業の市場の画定について管理業者以外にも著作権の使用許諾を行う者が存在しており,音楽著作権管理業についてのみ市場を画定することは不適当である。音楽著作権の利用という側面からすると同列に扱うべき直接の許諾の形態による使用料の総額は相当の額となる。管理業者から許諾を受ける場合も,著作権者から直接許諾を受ける場合も,利用者にとって「機能及び効用が同種」であることは明らかであるところ,利用の側面をとらえて管理業者だけに限定して市場を考えることは適当ではない。【音楽著作権管理業者】

意見発信元はJASRACと特定されていませんが、少なくとも利害が関係する著作権団体はJASRACしかありません。

Rédigé par: コマプ墨田 | le 05/07/2008 à 16:58

コマプ墨田さん

>同じ根拠で独占的状態には無いとがんばったんですが全く受け付けられなかったですよね。

ソースをお知らせください。

Rédigé par: 同感 | le 05/07/2008 à 13:47

公取委見解はこちらですね。(URLが超長かったのでリンク張りませんでした。全容確認されたい方は検索で行ってください。)

「独占的状態の定義規定のうち事業分野に関する考え方について」の一部改定について

>著作権管理事業は,利用者から見れば,大量の権利を適法かつ簡易迅速な手続を通じて,適正な使用料で利用することを可能とするものであり,このような機能は,原権利者と許諾や使用料について,一々,直接交渉する場合にはないものです。よって,管理業者から許諾を受ける場合と,著作権者から直接許諾を受ける場合では,利用者にとっての「機能及び効用」は異なると考えます。なお,著作権等管理事業法上も,著作権等管理事業は自己管理とは異なるものと位置付け,前者のみ規制の対象としていると理解しております。


Rédigé par: コマプ墨田 | le 05/03/2008 à 06:55

同感さん

そこは違う気がするんですけど?
公取委は、個人の権利者は市場を構成する事業者からはずれますよと言ってます。JASRACは同感さんと同じ根拠で独占的状態には無いとがんばったんですが全く受け付けられなかったですよね。

Rédigé par: コマプ墨田 | le 05/03/2008 à 06:29

これがどういう問題を引き起こしているのかについては,近日発売のゲームラボを御覧下さい(media mix)。

Rédigé par: 小倉秀夫 | le 05/01/2008 à 21:13

「けん」に全く同感です。
JASRAC以外の管理事業者が出てくる前の時代だって、JASRACに管理を委託していないアウトサイダーはいくらでもいたのですから、1.5%の中にこれら管理外の著作物の使用料が入っていないのは自明でしょう。これらの作品については、元々、別途に権利者の許諾を得て使用料を支払わなければなりません。小倉先生の頭の中では、1.5%が全体の使用料の上限だというふうに固定されちゃってるみたいですね。小倉先生は、定額制サービスというのを利用したことがないのでしょうか??
1.5%というのが、契約当時に許諾の対象とした楽曲の使用の対価なんだ・・という風に考えるなら、その後に創作された新曲については、許諾の対象外なのだから、別途に使用料を支払わなければならない理屈になります。

Rédigé par: 同感 | le 05/01/2008 à 16:37

「JASRACが管理していない分については,JASRACは放送使用料を
もらうべきではない」という主張は理解しづらいです。

アルバイトで、働いていない分の日給は受け取るべきではない、
というのと同じだと思います。
その日とてつもなく忙しいか、思ったより暇だったかはその時々でしょう。
でも日給いくら、で決まっているのですから、暇だったからと
いって、返上などしませんわね。

「もともと日給1万円等という金額は、拘束時間のほとんどが体を動かして
いる時代に作られたものですから、暇な時間が増大すればするほど、
日給1万円をアルバイトが独占できる正当性がなくなります。
アルバイトは丸々1万円をもらうべきではないということです。」
と言って、アルバイトの誰が納得しますかね。

だったら最初から日給(料率)の設定を変えろというのが筋です。
アルバイトがもらう分として日給(料率)は設定されているはず。
この日給の中に他の人の取り分が入っているという考え方自体が
ナンセンスと言えましょう。

Rédigé par: けん | le 05/01/2008 à 02:06

Poster un commentaire