« 理論的には違うかもしれないけど | Accueil | Tenia tanto que darte »

11/04/2008

小室哲哉さん逮捕との報道にあたって

 小室哲哉さんが逮捕されたとのニュースがマスコミ各社で報道されています。

 このクラスの商業音楽に関する歌詞・メロディ等の著作権は,作詞家・作曲家→音楽出版社→JASRACというふうに転々譲渡されているのが通常なので,売買の対象とするのであれば,著作権それ自体ではなく,「音楽出版社から著作物使用料の支払いを受ける権利」ではなかったかと思ったりします(小室さんが作詞・作曲したヒット曲約800曲についての著作物使用料の支払いを(未来永劫)受ける権利が10億円ならば,そんなに不思議な買い物ではなかったと思いますし。)。

 もっとも,作詞家・作曲家→音楽出版社への著作権譲渡に関して著作権原簿への登録がなされていない場合には,作詞家・作曲家→投資家への著作権譲渡は有効であり,後に著作権譲渡を受けた投資家は,先に著作権原簿への登録を受ければ背信的悪意が認定されない限り音楽出版社に対抗できるので,後から著作権譲渡を受けた投資家の方に譲渡登録を行ってしまえば,とりあえず詐欺罪は成立しなかったのではないかという気がしたりもします。不動産の二重譲渡であれば先行譲受者との関係で横領罪が成立するところですが,譲渡の客体が著作物だと「財物」性に問題がありそうです(詐欺や恐喝と違って,「利益横領」みたいな規定はありません。)し,かといって,二重抵当と同様に背任に持って行けるのかというとそこも何だか辛そうな気がします(まだちゃんと検討していませんが。)。まあ,刑事罰が科されるか否かが微妙だというだけで,先行譲受人に対する損害賠償義務が認められることは確実なので,おすすめできる話ではありませんが。

Posted by 小倉秀夫 at 11:59 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/43007213

Voici les sites qui parlent de 小室哲哉さん逮捕との報道にあたって:

» 小室、逮捕!! de 激動の世の中、ニュースが面白い
小室が逮捕。なんかよくあるパターンのような…。売れに売れて仕事がなくなったら残ったのは借金だけみたいな。運命がひと目で分かる!!ホロスコープ無料運命鑑定はこちらZZ占星術ブログはこちら当たる!! Z占星術ホロスコープ鑑定カタログ請求(無料)はこちら開運グッズ最新カタログ請求(無料)はこちら無料カタログ進呈中↓Powered by 株式会社ZX... [Lire la suite]

Notifié le 5 nov. 08 15:34:47

» Q37:著作権譲渡のおいしい投資話が来ているのですが… de ピリ辛著作権相談室
Q:タイゾーさん、こんばんは。おれは六本木ヒルズ族になることを夢見ている投資家で [Lire la suite]

Notifié le 6 nov. 08 23:30:54

» 【小室逮捕】エイベックス社長「小室氏と有意義な日々」 de iToday Style
楽曲著作権をめぐる5億円の詐欺容疑で逮捕された音楽プロデューサー、小室哲哉容疑者(49)が参加するglobeの所属レコード会社、エイベックスホールディングスの松浦勝人代表取締役社長(44)が7日、...... [Lire la suite]

Notifié le 9 nov. 08 01:49:28

Commentaires

Poster un commentaire