« 「知的財産推進計画2013」、「知的財産政策ビジョン」についてのパブコメ | Accueil | 立命館での先行販売 »

03/26/2013

2013年著作権法ゼミ用のテキスト

 著作権法ゼミのゼミ生の皆さまは、以下を参考にして教材を各自調達して下さい。

 著作権法ゼミも、基本的にはやることは制定法の解釈論ですから、「六法」「基本書」「判例集」が必要です。

 ただ、著作権法というのは法学系では依然としてマイナーな領域でありますので、通常の六法では適切な処遇を受けていません。なので、知的財産権法用の六法を別途用意して下さい。

のどちらかにしておけばいいと思います。著作権法は平成24年に大分改正がありましたので、六法は平成25年度版にしておいた方が無難です。

 なお、大渕編の場合、著作権法関連条文の掲載が少ないですので、著作権情報センターのサイトで著作権関連条文をダウンロードして印刷して補充しておくといいと思います。

 基本書としては、薄くて全体を読み通しやすいものから、学説や判例をふんだんに盛り込んであるものまで、色々あります。ロースクールを受験するような人たちは後者の方が読みやすいかも知れませんが、政治学科や国際企業関係法学科の皆さんのように法律書を読み慣れていない人たちは、そういうボリュームのある本だと消化不良を起こしてしまうかもしれません。

 基本書として使える本を軽量→重厚順に並べていくと、

  1. 島並良=上野達弘=横山久芳「著作権法入門
  2. 三山裕三「著作権法詳説:判例で読む15章
  3. 中山信弘「著作権法
  4. 岡村久道「著作権法
  5. 作花文雄「詳解著作権法

といったところになろうかと思います。

 もっとも、平成24年に大分法律が変わったので、年内に改訂版が出るものがあるかもしれません。それ以外にも新しい基本書等は大分出たのですが、私が読んだ感想としては、学生向きではなかったように思いました。

 判例集については、別冊ジュリストの「著作権法判例百選」が無難だと思います。とはいえ、これが2009年の刊行なので、それ以降の判例については別途補っていく必要があります。

 日本ユニ著作権センターのサイト駒沢公園行政書士事務所日記等を使っておくといいのではないかと思います。

Posted by 小倉秀夫 at 11:33 AM dans au sujet de la propriété intellectuelle |

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/57036504

Voici les sites qui parlent de 2013年著作権法ゼミ用のテキスト:

Commentaires

Poster un commentaire