« インターネット上の表現の自由の実質的な環境整備に向けて | Accueil | ロースクールの学部化 »

12/08/2006

ネット上での「愛国者」さんたちの行動パターンを自分の子供に見習ってほしい?

 仮に教育基本法が改正されて「愛国心教育」が公立学校で義務づけられると子供たちはどういう大人たちに育っていくのでしょうか。

 本当は、公立学校で一律に義務づける前に、「愛国心教育が大切だ」と考える関係者たちが私塾として「愛国者塾」を開設し、自分の子供を「愛国者」にしたい親が子供をそこに通わせてみたらよいと思うのですが(その結果、「愛国者」として成長した子供たちの前途が洋々たるものとなれば、世の親たちは、公立学校に通うしかない自分の子供たちにもそのような「愛国心教育」を受けさせろと文科省や教育委員会に要求を突きつけていくことでしょう。)。

 しかし、「ゆとり教育」のときでもそうですが、どうもこの種の社会的な実験を、いきなり他人の子供を実験台にして無理矢理開始したいという大人たちが多いことには困りものです。やはり、公立学校に通う全国の子供たちを実験台にする前に、「それはポジティブな効果があるものなのか。そしてネガティブな副作用はないのか」ということは、できる限り検証していくべきなのではないかと私などは思ってしまうのです。

 「愛国心教育」がどのような効果をもたらすのかを検証する一つの方法としては、現在の教育制度にもかかわらず「愛国心」が涵養された大人たちの行動原理を観察するという方法があります。彼らの行動原理が「自分の子供たちにはこうあってほしい」と思えるようなものであれば、公立学校で「愛国心教育」を行うということにポジティブな評価が得られるでしょうし、彼らの行動原理が「自分の子供たちにはこうなってはほしくない」と思っていまうようなものであれば公立学校で「愛国心教育」を行うということにネガティブな評価が増えるでしょう。

 そして、その方法としては、「ネットの匿名性を利用することによって、社会のしがらみから解放されて、本音で行動」している方々のうち強い「愛国心」をお持ちの方々が、自分のサイト・ブログで、あるいは他人のブログのコメント欄で、あるいは2ちゃんねるに代表される匿名電子掲示板で、どのような活動をしているのかを調べて見るとよいのではないかと思います。そして、有権者に対して、「自分たちの子供や孫たちにこういう大人になってほしいか」ということを問いかけてみるとよいのではないかと思います。

 あとは、「ネットのおかげで、マスコミや日教組の洗脳から解け、愛国心に目覚めた」方々の人生が、愛国心に目覚めることによってどう変わったかがわかると、「自分の子供や孫たちにそのような人生を歩んでもらいたいか」という判断を有権者ができるのでなおよいと思うのですが、これは「『愛国心』に溢れている方々のネット上での言動や行動パターン」とは異なり、調査が難しそうです。

« インターネット上の表現の自由の実質的な環境整備に向けて | Accueil | ロースクールの学部化 »

Commentaires

>自分の子供を「愛国者」にしたい親が子供をそこに通わせてみたらよいと思うのですが

時間的金銭的制度的倫理的に無理でしょう。


>「愛国心」が涵養された大人たちの行動原理を観察するという方法があります

公教育で養われたそれと自力で得たそれとは比較が出来ませんよ。例えば数学の得意な人間の行動原理を観察した結果、「数学の授業時間を増やそう!」
なんて話が生まれるかと言うと、そんな訳はありません。
個人サイトに付いても同様ですね。この制度を実施したらこんな人間に育つよ、という保証が無ければ意味がありません。


どうもあなたは愛国心教育に懐疑的なようですが、もっとましな反論は思い付かないものでしょうか。
単純に「右翼が増える!」と言った方がまだ素直だし、納得も出来るのですが。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

« インターネット上の表現の自由の実質的な環境整備に向けて | Accueil | ロースクールの学部化 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31