« 国歌を斉唱してこなかった多くの人々の問題点って何? | Accueil | 北に近づく日本 »

24/09/2006

Who to blame for the disorders

 コフィンさんという方から、次のようなコメントを戴きました。

このエントリのご意見の主張者は、誰であれ、本来粛々と進めるべきことが期待される慣行の式典で一生に一度の思い出となる卒業式や入学式においても、自己独自の特定の思想信条を会場に無理やり持ち込んで外部的表現活動して「●●●・●●●反対!/賛成!(注)」と主張して、プロトコールを破壊したり、平穏な集会の秩序を乱したり、進行そのものを妨害したりする威力業務妨害罪の現行犯の陰で、多数の参加者が一生に一度の思い出をブチ壊されても民事的救済を受けることなく泣き寝入りするしかない社会をお望みであると言えそうです。
注)●●●には何でも入ります(価値中立性)

 ただ、入学式や卒業式の式次第を考慮するにあたっては、その式の目的とするところや、参加予定者の主義主張の分布等を考慮した上で、なるべく多くの参加者が気持ちよくその式に参加できるようにするのがまともな大人の対応であって、国歌の斉唱についてはこれを強制されることに不快感を感じる参加予定者が少なからずいることがわかっているのであれば、「参加者全員が起立して国歌を斉唱する」という行事を式次第に含めることを回避することを検討すべきといえるでしょう。

 にもかかわらず、「多数の参加者が一生に一度の思い出」である入学式や卒業式をいわば人質として、「国歌を斉唱したくない人」に国歌を斉唱することを強いようとするという姑息なことをするからこそ、入学式や卒業式における混乱が生ずるのであって、むしろ「多数の参加者が一生に一度の思い出をブチ壊され」たことに関しては、そのような姑息なことを実行した主催者側(主催者がその上部団体の命令でやむなくそうせざるを得ないところに追い込まれたのであれば、その命令を行った上部団体側)こそが非難されるべきだといえます。

« 国歌を斉唱してこなかった多くの人々の問題点って何? | Accueil | 北に近づく日本 »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: Who to blame for the disorders:

« 国歌を斉唱してこなかった多くの人々の問題点って何? | Accueil | 北に近づく日本 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31