« 市場経済においては「社会のために身をささげようという」人材はいないものと思え | Accueil | 「黙示の利用許諾」を排除しないで »

08/10/2006

オーマイニュース日本版一ヶ月後のアクセス数

 音羽理史さんの「「死ぬ死ぬ詐欺・まとめサイト」の卑劣さを考える/特定のネットワーク上でしか通用しない「真理」」が掲載されたのが、2006-10-05 07:59。で、「「死ぬ死ぬ詐欺」記事の反響に答える/自分たちの言葉に懸け得るもの」によると、「10月6日午前0時30分現在、アクセス数が 1万3573回でコメント数が73回である。」ということです。このデータから見ると、オーマイニュース日本版のアクセス数というのはかなりのものだなあというのが正直な感想です(これだけのアクセスを集めるというのは音羽さんの記事の力の成果でもあるし、あるいは一覧性に乏しいコメントシステムの成果も多分に含まれているかもしれないのですが、それにしても、1エントリーで1万アクセスくるというのは結構すごいなあと正直思います。しかも超短期間のうちに。)。

« 市場経済においては「社会のために身をささげようという」人材はいないものと思え | Accueil | 「黙示の利用許諾」を排除しないで »

Commentaires

ああ、今気づきました、どうもありがとうございます。
そうですね、炎上って言ってもコメント欄に書き込んだ方々は百人強ぐらいですからね。
今現在、前者の記事が「アクセス数: 53316回」なので、一人五百回リロードしてるって言うならともかく「炎上」だけでは五万はいかないでしょうね。
「炎上」させてやろうと思うほど、ネガティブな関心があうなら少なくともコメントは残すでしょうし、記事を見てどう思ったかはさておき「ただ単に見た」と言う人はかなりいることは確かでしょう。

単エントリーで1万アクセスって、「炎上」していてもなかなか簡単には行かないですよ。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack

» [ヨタ話][MMR]「炎上」あるいは「ネットイナゴ」もしくは「突発的群集」の発生に関わる四つの要因。 [情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明]
 基本的には全て、ラリイ・ニーヴンの1971年の短編「フラッシュ・クラウド」*1に書かれていることです。以下、引用はすべてこの本より。  この小説はインターネット用語になっているフラッシュ・クラウド(Flash Crowd)*2の語源で、以下の内容も特に目新しいことではありま... [Lire la suite]

« 市場経済においては「社会のために身をささげようという」人材はいないものと思え | Accueil | 「黙示の利用許諾」を排除しないで »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31