« 北風と太陽 | Accueil | 被害者からのクレームを受け付けない特定電気通信役務提供者とプロバイダ責任制限法第3条第1項の免責 »

17/10/2006

寓話

 寓話の寓意を素直に受け取るまいと必死にねじ曲げてみせる人の姿を見るのは悲しいことです。

 寓話の寓意を作者に問いただす野暮な人の姿を見るのもまた悲しいことです。

 「所詮、匿名だ」という安心感が人々から小粋な行動を取ろうとする意欲を減退させているとすれば、それもまた悲しいことです。

« 北風と太陽 | Accueil | 被害者からのクレームを受け付けない特定電気通信役務提供者とプロバイダ責任制限法第3条第1項の免責 »

Commentaires

 神谷町の森さん以外には、弁護士はいなさそうですが。
(それとも、最近の若手弁護士のレベルって、国語力の面でもモラルの面でも、そこまで落ちたのでしょうか。)
 
 匿名の陰に隠れる利点としては、どんな属性を自称または他称しても、厳密には反証のされようがないということですね。

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 寓話:

« 北風と太陽 | Accueil | 被害者からのクレームを受け付けない特定電気通信役務提供者とプロバイダ責任制限法第3条第1項の免責 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31