« 1文の長さ | Accueil | 教育再生 有識者からの提言 »

13/12/2006

募金の条件

 ところで、募金を集める人や、その募金を受け取る人が、その前に個人資産をまずすべて吐きだすなどというのは、実際問題として、一般化しているのでしょうか。

 日本テレビ系列は毎年24時間テレビで視聴者等からの募金を集めていますが、もちろん、日本テレビ系列の各テレビ局も、24時間テレビに出演する芸能人等も、「視聴者等から募金を集める前に、その資産を全て吐き出す」なんてことはしていません。それどころか、24時間テレビ放送中のCMのCM料は各テレビ局の収入となりますし(各テレビ局はこれを福祉目的に寄付したりはしません。)、出演者もちゃんとギャラは受け取ります(ほとんどの出演者は出演料を福祉目的に寄付したりはしません。)。

 では、日本テレビ系列が集めたお金(正確にいうとそのお金で購入したリフト付きバス等)を受け取る側はどうなのかというと、「これを受け取る前に全資産を吐き出」したというわけでもないのでしょう。日テレサイドは、

審査の際の重要なポイントは、必要性の高い事、より緊急性がある事、車両の維持管理が可能な事、運用体制が明確な事、健全財務内容でありかつ、自主購入が困難である事、などです。
とは言っていますが、「敷地建物をまず売却すればその売却代金の中からリフト付きバス等を購入できる」場合には「自主購入が困難である」とはいえないという運用はしていないように思います。

 すると、「募金を集める前に先ず自宅を売るべき」という匿名さんたちの倫理規範というのはどこから生まれてきたのでしょうか。

« 1文の長さ | Accueil | 教育再生 有識者からの提言 »

Commentaires

 女子ホッケーをメジャーな競技とお考えの人がいるとは、世の中も変わったものです。
 私は、大学1年の時に体育の授業でフィールドホッケーを選択したので実際にプレーしたことがありますが、そういう機会でもないと実際にプレイすることすらない協議だと思うのですが。

 使途目的を限定した募金って、そういうものではないですか?
 アテネオリンピックの時の女子ホッケーチームの支援のための募金のときだって、女子ホッケーの日本代表やそのスタッフの資産をまず売り払ってからにせよという声はかかりませんでしたし。

「少なくとも他人では絶対ない自分の子供を救うためなら
自己資産は最初に払うべき代償です」とする根拠は何ですか?

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 募金の条件:

« 1文の長さ | Accueil | 教育再生 有識者からの提言 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31