« 嫌がらせがなくなったら寂しいという方々との妥協点 | Accueil | YouTubeとJASRACと共通IDと »

07/12/2006

ネット上での私的制裁

 現実社会においてどこの誰であるのかが知られている人物の特定の言動についてこれを問題視し、ネットの内外で当該人物に対して私的制裁(リンチともいう。)を加えている方々は、その言動が果たして制裁を加えるに値するものなのか否か、そして加えようとしている制裁が当該言動との関係で均衡がとれているものなのか否かということについて、どの程度慎重に判断しているのでしょうか。そして、その判断が誤っていたことがわかった場合に、一体どのような責任をとるつもりがあるのでしょうか。

 もちろん、それ以前に、彼らはなぜ自分たちが当該人物に対して私的制裁を加えても構わない存在であると思えるのかという疑問はあるわけですが、この点に関しては、匿名の陰に隠れることによって、匿名の陰に隠れられない現実社会の人間より上位の存在だと勝手に思いこんでいるからなのでしょうね。

« 嫌がらせがなくなったら寂しいという方々との妥協点 | Accueil | YouTubeとJASRACと共通IDと »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: ネット上での私的制裁:

« 嫌がらせがなくなったら寂しいという方々との妥協点 | Accueil | YouTubeとJASRACと共通IDと »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31