« 被告人に有利な証拠を握りつぶす権限 | Accueil | ブロードバンド化と退会処分の強制力 »

01/02/2007

欧文による抄録

 前回の情報ネットワーク法学会の定期大会で発表した「Anonymity Provider の法的責任」について、同学会用のローレビュー紙に掲載すべき原稿を、何とか学会事務局に送信しました。

 何が困るって、「欧文による抄録」までつけろと指示されているところです。このように指示されてしまうと、邦文による抄録を、欧文でかける範囲に合わせざるを得ません。

 (私の母校である早稲田大学法学部では、英文を読むことは入試で求められても、英文を書くことまでは求められていないのです。)

« 被告人に有利な証拠を握りつぶす権限 | Accueil | ブロードバンド化と退会処分の強制力 »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 欧文による抄録:

« 被告人に有利な証拠を握りつぶす権限 | Accueil | ブロードバンド化と退会処分の強制力 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31