« 実験は失敗した。 | Accueil | 主たる違法行為に対する倫理的なスタンス »

14/02/2007

それはあなたの「本音」ではなかろう

 「匿名だからこそ本音が言える」という人たちがいます。しかし、匿名の陰に隠れた個人攻撃がネット上で行われているとき、それって彼らの「本音」の発露なんだろうかということが疑問として生じてきます。

 そこで語られていることというのは、「匿名で無責任に語れる場があるか否かにかかわらず言いたくてたまらなかったこと」ではなく、「匿名で無責任に語れる場があるか否かにかかわらず内心そう思っていた」ことでもなく、「匿名で無責任に語れる場があるからこそ言いたくなったこと」なのではないかと思うのです。つまり、彼らはもともとそこまで醜い人格をもっているのではなく、「匿名で無責任に語れる場」があるからこそ、そこまで醜くなったのではないかと思うのです。

 というのも、その種の発言って「読む人に不快感を与える」という以上の意味がないことがほとんどであり、このような内容を「匿名で無責任に語れる場があるか否かにかかわらず言いたくてたまらな」い人がいるとは想定しがたいからです。例えば、あるボクシングの試合に感動したと言うだけでモーグルのトッププレイヤーがアスリートとして失格だと本気で思った人は実際にはいないのではないでしょうか。また、難病の娘を抱えたNHK職員はまず無一文になるべきだと本気で思った人はいないのではないでしょうか。これらは、他人を罵り、他人を不快にさせる「ネタ」として用いられただけなのではないでしょうか。また、ネット右翼さんたちはしばしば「自分たちはアンチサヨクにすぎない」と自称するわけですが、それは結局、彼らは、「匿名の陰に隠れることによって安全な場所から他人に不快感を与えることができる」という場の誘惑に抗うことができなかった弱い人間であるということを自白しているようなものです。

 「安全な場所から他人に不快感を与える」ことの快感を覚えて「匿名での個人攻撃」という誘惑に勝てずどんどん醜くなっていく一部の日本人にとって、「匿名性が高度に保障された言論の場」というのは精神を蝕む一種の麻薬としての機能をも有していると言えそうです。

« 実験は失敗した。 | Accueil | 主たる違法行為に対する倫理的なスタンス »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: それはあなたの「本音」ではなかろう:

« 実験は失敗した。 | Accueil | 主たる違法行為に対する倫理的なスタンス »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31