« 「成りすまし」か否かを判別する方法 | Accueil | どこの誰だか分からない人のコメント »

27/02/2007

専門家系ブログの受け皿としてのココログの適格性について

 それにしても、ココログのコメント欄管理機能の貧弱さというのは、もう何と言っていいのでしょうか、「あなた達も個人としてココログでコメント欄つきのブログを開設してご覧なさいよ」といいたくなるくらいひどいものです。ブログ主から料金を取っている商用サービスとしては、失格と言っていいくらいです。

 コメント欄のTypekeyIDないしNifty独自のIDによる認証オプションもないです(これらのIDによる認証システムがあれば「なりすまし」コメントを相当程度防止できますし、IDごとにコメント投稿を拒否できるシステムをこれとを組み合わせれば、「粘着君」を相当程度排除することができます(フリーメールで登録されたIDでのコメント投稿を拒否できるオプションも用意しておけば、コメント投稿を禁止されるたびに新たなはてなIDを取得して低レベルのコメントを投稿し続けた町山さんのところの粘着君のケースにも対応できます。)。しかし、ココログにはそのような機能など望むべくもありません。

 また、ココログでは、各利用者側で「.htaccess」等をいじることができませんので、例えば、「jpドメインを用いてアクセスしてきた人だけコメント投稿可」などの設定をすることができません。もちろん、匿名プロクシ経由のコメント投稿を禁止するオプションもありません。コメントスパム対策としてブラックリストを作ることが可能であるように、「粘着君」対策として匿名プロクシのブラックリストを作ることはNiftyくらいの規模ならば十分可能だと思いますが、Niftyは簡単にできそうなことすらしようとしないようです。

 炎上・粘着対策をしないブログサービスのもとでコメント欄つきのブログを開設することはコメント欄の管理に無駄に時間をとられることに繋がりますので、内容的にレベルが高く、それ故その内容を十分に理解できない素人さんたちから不要な反発や嫉妬を招きかねないエントリーをアップロードできそうな専門家系ブログは、そのようなブログサービスのもとでは開設すべきではないということになりそうです。

 Winnyシンポの帰りに高木さんから、「サーバを借りて自分で作ってしまった方が早い」という趣旨のアドバイスは受けたので、WordPress等で私が考えている仕様のものができるのであれば、それはそれで一つの考えかなあとは思うのですが、とりあえず通常業務のほかに、仕上げなければならない原稿がだいぶたまっているので、システム構築にあまり時間をとりたくないし、難しいところです。

« 「成りすまし」か否かを判別する方法 | Accueil | どこの誰だか分からない人のコメント »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

« 「成りすまし」か否かを判別する方法 | Accueil | どこの誰だか分からない人のコメント »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31