« 同じ「救う会」でも匿名さんの対応は大違い | Accueil | 無理をおして高齢者と会うのは »

07/03/2007

ネットの匿名さんの方が啓蒙思想丸出しでは?

 ガ島通信の藤代さんは、「ネット君臨」の記事に関連して、

いまだに、マスコミが世論をリードしているという啓蒙思想が丸出しなのです。さしずめ『正義は毎日にあり』。
述べるのですが、今一番自分たちの価値基準を他人に暴力的に押し付けようとしてくるのは、ネットの匿名さんたちです。なにせ、さくらちゃん騒動にしたって、「寄付を募る前に先ず家を売れ」云々という独自の規範をさくらちゃんの両親に押し付けようとしていたわけですから。

 しかも、マスコミの場合は、その提示する価値基準が世論と乖離すればするほど「見てもらえなくなる」ことで淘汰されていくわけですが、ネットの匿名さんたちは、自分たちの価値基準とは異なる価値基準をもっている人のブログのコメント欄に執拗にコメントを投稿するという究極の「プッシュ型」手法により自分たちの価値基準を受け入れることをこれでもかと押し付けてくるわけです。相手が自分たちの価値基準を受け入れることだけでなく、自分たちの価値基準を受け入れない相手がブログを閉鎖するなどしてネットから距離を置くことすらも「勝利条件」の1つに掲げているようなので、自分たちの価値基準を受け入れない人の人格を相手のブログのコメント欄で執拗に全否定してみたり、相手に不快感を与える以外に意味がないコメントを執拗に投稿してみたり、あるいは脅迫まがいのことをしたりすることすら厭わないわけです。町山さんの例や上村さんの例を見る限り、この手法は、他のコメンテーターから総スカンを食っても継続可能です。相手が自分たちに屈するまでいつまでも嫌がらせを続けていれば済むのであり、所詮ネット上では匿名ですから、ネット上の仮想人格がどんなに総スカンを食ったって、現実社会での自分の社会的評価が落ちるわけではないので、どんな醜悪な手法だって厭わずに使えてしまうのです。

 私は、訴訟代理人として、マスコミを相手に名誉毀損訴訟を提起してきましたから、マスコミの手法のひどさは知っていますが、でも今のネットの匿名さんたちのやっていることは、マスコミ以下です。マスコミの病理部分のみを受け継ぎ、さらに悪化させていったように思います。

« 同じ「救う会」でも匿名さんの対応は大違い | Accueil | 無理をおして高齢者と会うのは »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

» ガ島通信の最終評 [東方不敗の幻想]
これをもってガ島通信に対する最後の論評とする。 かつて私はブロガー×オーマイのシンポも見に行ったし、次代のオピニオン・リーダーとして、藤代に期待をかけていたこともある。だが今こそ幻滅に終わった結果を断ち切るべき時だろう。 「ガ島通信[ネット時代の新聞]「ネット君臨」問題が明らかにしたものは何か」を読んで、藤代は、ジャーナリズムの世界に未練をひきずる己をすこし客観視すべきだと思った。 いつまでマスメディアの�... [Lire la suite]

« 同じ「救う会」でも匿名さんの対応は大違い | Accueil | 無理をおして高齢者と会うのは »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31