« トラックバックを消すにあたってトラックバック元のサイトには飛ばない。 | Accueil | 「出る杭を打つ」日本の悪弊をネットに持ち込みたくはない »

18/07/2007

NOVさんルールの行き着く先

 NOV1975さんは、次のように述べています。

ネットで活動することを決意した人がネットでネガティブフィードバックを受けて文句を言うのは大抵ハラスメントではなかろう。ネットで活動することを止めればいいのだから。

 NOV1975さんの上記意見を抽象化すると、「ハラスメント」が成立するためには、被害者において、当該「ハラスメント」が行われた場にいることが必要不可欠であることが必要であるということになりそうです。この見解にたった場合は、高校以上の学校や塾などでのいじめは「ハラスメント」にはあたらないし、学区外での転校が広く認められている自治体においてはいじめは「ハラスメント」にあたらないということになりそうです。また、職場等においても、「被害者」において、どうしてもその職場で仕事を継続しなければいけない特段の事情がある場合を除き、セクハラもパワハラも「ハラスメント」にはあたらないということになりそうです。もちろん、趣味のサークルや稽古事などの場ではどんなに嫌がらせをしようといじめを行おうとそんなものは「ハラスメント」にはあたらないということになりそうです。NOVさんルールの下では、いじめや嫌がらせを受けるのがいやならば、その場にいることをやめればいいのですから。しかし、それは、現実社会のルールとは明らかにかけ離れたものです。

 ekkenさんには申し訳ないのですが、結局、匿名表現の自由を日本のネット上で堅持しようと思うと、この種の、「ネット上で嫌がらせをして何が悪い。嫌がらせをされたくなければ、ネットに近づかなければよい」的な極論にどうしても行き着いてしまうのではないかと思うのです。最近の私の意見に対する反論を見ていても、匿名さんによる嫌がらせ行為を抑制する方向での対案というのは、残念ながら、見られなかったわけです。「妥協点」を見いだそうにも、匿名さんの側には一切妥協する姿勢がないのですから、どうしようもありません。あとは、ネットを「地上の法が及ばない無法地帯」とすることに社会が同意するかどうかに係っているということができるでしょう。「卑怯者たちのパラダイス」からはまともな神経の持ち主はどんどん立ち去っていきます。ブログの2ちゃんねる化が進んでいくだけのことです。そして、日本人には、Web2.0は荷が重すぎた。そんな絶望的な事実が残るだけのことです。

« トラックバックを消すにあたってトラックバック元のサイトには飛ばない。 | Accueil | 「出る杭を打つ」日本の悪弊をネットに持ち込みたくはない »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: NOVさんルールの行き着く先:

» 悪質な実名コメンテイターもどうにかしたい [みんなの予想を超えて@はてな]
小倉先生が社会の底辺である僕に直接ブクマコメントをくださったので、僕も張り切ってブックマークに参入してお返事してみました。 OguraHideo 悪質な匿名コメンテイターをどうにかしたいという点ではみんな同意してるって?!http://d.hatena.ne.jp/NOV1975/20070716/p1を... [Lire la suite]

» ならば、その絶望を伝え広めよ。 [CONCORDE]
それが「浴びる必要など無かったネガティブ反応に直面する不幸」を減らすための現実的な唯一解なのですから。 la_cause [Lire la suite]

« トラックバックを消すにあたってトラックバック元のサイトには飛ばない。 | Accueil | 「出る杭を打つ」日本の悪弊をネットに持ち込みたくはない »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31