« 先ず隗より始めよ、松岡さん | Accueil | 「ネット上でなら加害行為をしても安心」な社会では、ネット上に積極的に実名を掲載しなくとも安心はできないのです。 »

23/07/2007

もう少し勇気を持って!

 NOV1975さんが「初心者が実名でブログを書くならば」とのエントリーをアップロードされています。

 「少なくとも現状でこれらの制約の元、実名で始められるブログというものは一体なんでしょうか。」といわれても、その「制約」なるものがかなり被害妄想的、といいますかかなり確度の低い危険をあげつらっているように見えますので、結論としては現実離れをしたものとなっています。もちろん、匿名の陰から一歩踏み出せない、勇気のない方々にとっては、匿名の陰から一歩も踏み出せない自分を正当化してくれる言説なので、はてなブックコメント等でも賞賛のコメントが集まっていますが、では実際に実名でブログを開設している人々がそのような危険に日々さらされているのかというと、そんなことはありません。実名を明らかにしながら様々に論議を呼ぶエントリーを次々アップロードしていた女子大生のはあちゅうさんですら現実社会ではなんということもなかったのであり、まして普通のお兄さん、おじさんたちならなおさらです。「特に、小さなお子さんがいるご家庭では、実名でブログを書き、そこに子供のことを書くことは致命的な失敗になりかねません。」といわれても、私たちは、小さな子供がいる場合にそのことをひた隠しにする文化を有しておらず、それてでいて誘拐事件の発生件数は非常に少ないのです。また、「例えば、グルメブログなど非常に危険です。自らの絶対の感性の元と言ったって味覚は人によって違いますから、まずいなんていったら訴えられるかも知れません。」といわれても、もともと料理評論家等は従前より実名・顔出しが一般的だったのであり、だからといってまずいと感じたことを正直にメディアに書いたからと言って訴訟になった例は日本ではなかったのではないかと思います。匿名ならば、料理そっちのけで料理人ないし経営者自体を誹謗中傷することもできるし、出される料理の内容について根拠のないデマを流すことも可能です(ライバル店関係者にとってはとても重要です。)。そういうことをしても訴えられないようにしようと思ったら、トレーサビリティの極めて低い匿名を活用する必要があることは事実ですけど。

 実名ブロガーを攻撃するのは、主として匿名ブロガー・コメンテーターさんたちであって、その攻撃手法は主として匿名の陰に隠れての誹謗中傷・デマの流布、ときおり電凸といったところです。電凸にしても、電凸の結果を匿名の陰に隠れてアップロードする機会を押さえてしまえば、電凸対象をみんなで馬鹿にしてルサンチマンを解消することがしにくくなりますから、無礼な電凸は減少することが予想されます。ネットでの誹謗中傷を封じたらもっと物理的な危害を加えるようになるかもしれないと心配する方もいるようですが、そんな勇気は彼らにはないように思います。

 また、初心者がブログを匿名で開設しつつ自制心を保つ方法について論じられていないのは残念です。

« 先ず隗より始めよ、松岡さん | Accueil | 「ネット上でなら加害行為をしても安心」な社会では、ネット上に積極的に実名を掲載しなくとも安心はできないのです。 »

Commentaires

私自身、実名活動でずいぶんと人間関係が豊かになってますので、トータルでは実名が常にリスクが高いとは毛頭思わないわけですが、しかし、「実名ブロガーを攻撃するのは、主として匿名ブロガー・コメンテーター」とは限らないですよね。

実名ブロガーを攻撃するのは、ネットの上である必要はなく、勤務先とか取引先にメールや電話をしまくる人達というのが存在する事実があり、匿名メールはともかく、匿名電話はどうするんでしょう?

私を何かと攻撃してきていた、小倉さんもご存じのMは実名ですし、あるいは主たる舞台はネットではないですが、「東村山新聞」を刊行している二人の東村山市議のような、公職にありながら、というかそれを使って無茶苦茶やってる人達もいるわけで。

致命的な被害があるかどうかはともかく、尋常じゃない程度に神経を擦り減らされてしまう、そういう人達に突然襲われるリスク、というのはそこそこあるのが現状ですよね。

そこを、どう割り切るかどうか、というのを、もうちょっと実践的に提示しないといけないのではないでしょうか。

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: もう少し勇気を持って!:

» 実名で書く自由、ペンネームで書く自由 [我が名は十庵]
私は両方持つべきだと思う。そして、目的によって使い分けるべきだと思う。NOV1975さんの「初心者が実名でブログを書くならば」に対してla causetteの小倉さんはブログで実名を推奨して「もう少し勇気を持って!」と呼びかけている。実名を使うことによりネットワークが広がる事もあるし、社会的な存在としてより認められることもある。それを目的にしているのであれば実名でブログを書くメリットを大いに享受できる可能性はある。実際、私はネット上で実名で活躍する場所も持っているし、そのメリットは大いに実感できる。... [Lire la suite]

» リスクの見積もり方 [人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2]
実名/匿名のリスクの見積もり方について。   もう少し勇気を持って!(la_causette) [Lire la suite]

« 先ず隗より始めよ、松岡さん | Accueil | 「ネット上でなら加害行為をしても安心」な社会では、ネット上に積極的に実名を掲載しなくとも安心はできないのです。 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31