« 「被害者が気にしなければよい」との呪文で被害者をどう防備するの? | Accueil | iza!のユーザーブログ »

14/07/2007

飲酒運転について「被害者が気にしなければ済む」という人はいない

 NOV1975さんがこのように述べています。

これに対応する手段が実名化なのでしょうか。「飲酒運転による交通事故で人が死ぬから自動車全廃しよう、明日から」的な発想から言うと「業務用車両以外使用禁止」みたいな感じですが、当然業務用車両も飲酒運転するので解決になりませんね。

 飲酒運転に対する対応策は、飲酒運転をしてはいけないとのメッセージをことあるごとに強調するとともに、しばしば飲酒がなされる現場では飲酒した人が運転しないことを再度確認、強調し、さらに、抜き打ち的に又は検問所を置いて飲酒チェックをし、さらに、飲酒運転の結果死傷事故を生じさせた場合には厳罰に処することとし、飲酒運転自体を抑制する方向を目指しています。もちろん、自動車全廃などは求めていないし、だからといって、「そのような措置を講じても飲酒運転は0にはならない。飲酒運転の車両が暴走しても被害者が良ければ済むことだし、運悪く衝突されて死傷しても被害者やその遺族が気にしなければ済むことだから、飲酒運転自体を抑制するような措置は講ずるべきではない」という方向は目指していません。

 また、スピード違反について言えば、さらに、オービス等を設置し、速度違反を認知した場合には車両ナンバーと運転者を撮影して、これを検挙できるような工夫をし、速度違反自体を抑制する方向を目指しています。もちろん、オービス等を設置しても速度違反は0にはなりませんが、だからといって、そのような対策は無意味であるとの見解はあまり見られず、また、「速度違反の車両が制動しきれなくても、被害者が良ければ済むことだし、運悪く衝突されて死傷しても被害者やその遺族が気にしなければ済むことだから、飲酒運転自体を抑制するような措置は講ずるべきではない」という方向は誰も目指していません。

 その行為の行使者が探知されがたい状況では少なくない人が社会的又は法的規範を無視して行動しがちである以上、そのような行動が比較的多くなされる場において行為者を探知しやすくする工夫というのは、しばしば行われていることです。「そんなことをしても被害は0にならないから、そのような対策を講ずるべきではない。そんなことより、被害者が気にしなければ済むことである」ということは、ネット上での匿名さんによる誹謗中傷問題以外では語られることすら少ないのです。

« 「被害者が気にしなければよい」との呪文で被害者をどう防備するの? | Accueil | iza!のユーザーブログ »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

» [雑記][議論]たとえの誤りを論証したところで元の話の否定にはならない。 [novtan別館]
せっかく小倉先生からトラバを頂いたのですが、僕がトラバしたエントリをはじめとして、本題のところには一切触れず、適当にたとえてみた点のみについて意味なく詳細に論証を行うのみに留まった記事で大変失望いたしました。こういうタイトルにしてみたのは何の意味も無い応... [Lire la suite]

« 「被害者が気にしなければよい」との呪文で被害者をどう防備するの? | Accueil | iza!のユーザーブログ »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31