« 濫用される「批判されるのがいやならばコメント欄を閉じればいい」 | Accueil | 公務員が優遇されすぎているのか、民間が冷遇されすぎているのか。 »

04/07/2007

自称愛国者はなぜ「現在の我々」の評価を守ろうとしないのか

 それにしても、戦中レジーム下の指導者の問題点を指摘されるととても熱心に反論するのに、日本国内の違法コピー率が25%であり、違法コピーによる損害額が約17.8億ドルと世界ワースト5位であるなどとして、現在の我々があやふやな根拠に基づいて不当に非難されていても黙りこくっていて反論しようともしない方がネット上に多いのはいかがなものかという気がします(上記摘示の根拠があやふやな点については、本館のエントリーを参照。)。

 といいますか、戦中レジームの指導者なんていう、現在の我々とは時間的にも階級的にも遠く離れた人々の擁護に割くエネルギーがあったら、現在の我々の価値なり倫理なりを貶める動きと戦った方が良いのではないかと思うのですが、愛国者を自称し、反対者を「反日」呼ばわりすることに躊躇しない方々ほど現在の我々に対する評価を貶める動きに対して寛容なのはなぜなのだろうかと思う夏の日の昼下がりです。

« 濫用される「批判されるのがいやならばコメント欄を閉じればいい」 | Accueil | 公務員が優遇されすぎているのか、民間が冷遇されすぎているのか。 »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

« 濫用される「批判されるのがいやならばコメント欄を閉じればいい」 | Accueil | 公務員が優遇されすぎているのか、民間が冷遇されすぎているのか。 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31