« 新聞の非署名記事とネットの匿名投稿 | Accueil | 初心者にこそ実名でブログを開設することをお勧めする。 »

22/07/2007

真っ当な神経の持ち主に参加を回避させるシステムに敢えてする意味がわからない。

 確かに、まともな神経の持ち主はブログなんか開設しないということにすれば、コメントスクラムにより精神を傷つけられることはなくなるでしょう。ただし、「サイバーいじめ」でよく行われているような、誰かが自分の名前を騙って自分の社会的評価を低下させるようなエントリーを書き続けたり、あるいは、誰かが自分を誹謗中傷したり悪質なデマを流布したりすることによる精神的並びに経済的な損失を回避することは、ブログを開設しないことによってはできません。私たちの実名を含む個人情報は、普通に生きていると、かなり多くの人に把握されているため、自らネット上でこれを公表しなくとも、現実社会で自分のことを知っている人々によって、ネット上に持ち込まれる危険があるからです。結局、「まともな神経の持ち主はブログなんか開設するべきでない」ということを社会のコンセンサスにすることによって回避しうる害悪は、コメントスクラム等程度だということが言えます。

 あるいは、「ブログ上に書かれていることなど全く信用するに値しないし、そのようなものを見ること自体社会人としての嗜みに欠けることである」というコンセンサスが社会の間に醸成されていけばよいのかもしれません。しかし、そうしてまでブログ環境まで「2ちゃんねる化」させる意味がどこにあるのか私にはよくわからないです。

 そんなことよりも、ネットの実名化を推し進めることによって、誹謗中傷やデマの流布や嫌がらせを行うことのリスクを現実社会と同程度に高めることにより、そのような行為を抑制していくことの方がよほど現実的です。CONCORDEさんは、「未来にわたって絶対の安全が保証される」のでないと実名での参加ができないようなのですが、私たちの大部分は、「未来にわたって絶対の安全が保証される」わけではない現実社会において、社会的制裁や法的制裁が実効的に機能することにより相当程度抑制される前提のもとで、実名を含む様々な個人情報を様々な人々に提供しつつ社会生活を行っています。「『未来にわたって絶対の安全が保証される』までは、私は実名を含む個人情報は一切提供しない」といわれても、そのような人と関わり合いを持つとその人により犯罪行為や不法行為等がなされたときに十分な対処を行うことができない危険が高いので、比較的まとも度の高い社会ではむしろそのような方にお引き取りを頂くことでしょう。

« 新聞の非署名記事とネットの匿名投稿 | Accueil | 初心者にこそ実名でブログを開設することをお勧めする。 »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

» 私の尊敬している小倉秀夫先生に応援TBを送信 [The best way to predict the future is to invent it. Japan is dead]
 私は小倉先生を尊敬している。私が言いたい事を言ってくれている。私は以前(今はあまりない)ネット、主に匿名の場所(某掲示板、はてな匿名日記等)で少々の誹謗中傷的な攻撃を受けたことがあり、それでちょっと(辞書を引くと「かなり」と出てくる言葉)落ち込んで、ブログに向かうことに躊躇していたのだが、それは小倉先生のブログを呼んで自分のほうが正しいこと、そんなに非がないことが判明した。ブログを書くことに少々ながら自信をもてたのは小倉先生のおかげだ。私は小倉秀夫先生を応援する。  私はいじめには毅然と立ち向か... [Lire la suite]

» 娯楽の場となったシステムに敢えて抗おうとする意味がわからない。 [CONCORDE]
ところで小倉さん自身はここひと月ほどの自身のブログとそれをとりまく状況をどうお考えなのでしょう。 私の補足した範囲でもす [Lire la suite]

« 新聞の非署名記事とネットの匿名投稿 | Accueil | 初心者にこそ実名でブログを開設することをお勧めする。 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31