« 「意識の差」以前に「インフラの差」です。 | Accueil | 疲労骨折 »

14/08/2007

世間の風?

 橋下徹さんが、相変わらずごちゃごちゃと、光市母子殺害事件の弁護人に対して文句をつけているようです。

 法律の素人ならともかく、プロの弁護士ならば、第1審、第2審を担当した弁護人が恭順路線を選択した理由、及び、無期懲役を命じた第2審についての上告審において最高裁が弁論期日の指定をした段階でこの恭順路線が破綻したことが明らかになったこと、それゆえ、第1審、第2審 の弁護人は刑事弁護人としてトップレベルの技量をもつ弁護士にバトンタッチをお願いし、実際にバトンタッチがなされたこと、新たな組み直された弁護団は、改めて被告人と接見しさらに記録を精査した結果、公訴事実自体を争うという路線に活路を見いだすこととしたことくらいはわかるはずです。また、単なる茶髪のお笑い芸人としてではなく、プロの弁護士として、テレビ等でコメントをする立場にある以上、上記程度のことは視聴者にわかりやすく伝えてしかるべきです。といいますか、その程度のこともできないようであれば、「弁護士」という肩書きを名乗ってテレビ等でコメントするのはやめてもらいたいくらいです。

 私は東京の弁護士なので橋下弁護士が大型の否認事件の弁護をやったことがあるのか存じ上げないのですが、この種の事件では膨大な記録と短時間で格闘しなければならない上、おそらく無報酬かそれに近い形で引き受けているでしょうから、そのような作業の傍ら、生計を立てるための仕事もしっかりこなさなければならないであろうことは、ある程度の経験のある弁護士ならば普通に知っていそうな話であって、そのような刑事弁護人たちが「国民への説明」までやらなかったからといって、懲戒処分だ!なんて話をされても、あきれるよりほかないと言うことができます。

 まあ、橋下さんの文章を読んで一つ気になるのは、橋下さんは、自分は「世間の風を嫌というほど吸い込んできた、いえ吸い込まされてきた」のに対し、光市母子殺害事件の弁護人 たちは「世間の風を吸い込んでいない」と勝手に思いこんでしまっていることです。私は東京の弁護士なので橋下さんが普段どのような活動をしているのか存じ上げないのですが、ワイドショーやバラエティ番組に出て世の中の有名人たちと仲良く交流しているくらいで、「世間の風を吸い込んでいない」などと安田弁護士等を見下しているのだとしたら、勘違いも甚だしいように思います。

« 「意識の差」以前に「インフラの差」です。 | Accueil | 疲労骨折 »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 世間の風?:

» 2007-08-18 [ダイイン]
以前書いた橋下弁護士に関するエントリーへのアクセス数が異常だ。 基本的にこのブログは日に200~300くらいのアクセスで、一件のエントリーに対して閲覧数は40から最大で300程度。しかし、このエントリーに対しては既に閲覧数が1000を超えてる。 自分で書いておいてナンですが、正直、ちょっと嫌だ。そんなに橋下さんに興味がありますか。 そんな訳でこの件にはあまり何度も触れたくないが、乗りかかった船って奴である。 橋下弁護士の公式ブログで、彼がなぜ光市事件の弁護団への懲戒請求が必要だと思うか(懲戒が... [Lire la suite]

» なるほどルサンチマンか [恵比寿大黒屋日記]
橋下徹弁護士のルサンチマン [Lire la suite]

« 「意識の差」以前に「インフラの差」です。 | Accueil | 疲労骨折 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31