« 間接寄与者の発信者情報開示 | Accueil | Yahoo!基金 NPO助成プログラム »

07/08/2007

で、徹くんはどうなの?

 橋下徹弁護士が、光市母子殺害事件の弁護人に対する懲戒請求を相変わらず煽っているようです。

 「法律オタクのお坊ちゃん弁護士が、この弁護団に対して懲戒請求をすることが、逆に違法になるなんてヌカシているけど、心配御無用。」とのことなのですが、そこまで言うのであれば、一般市民を煽って懲戒請求をさせるのではなく、橋下弁護士自身が自ら懲戒申立てをした上で、自らのブログ等でその報告をすればいいだけではないかという気がします。

 法律の素人が懲戒申立書を作るよりは、法律の専門家である橋下弁護士が懲戒申立書を作成した方が、形式的にも実質的にも懲戒申立てとしての要件を具備したものができる確率が高いと思いますし、ネット上に上がっているテンプレートを印刷して署名して懲戒申立てを行ったにすぎない人が弁護士会から追加の資料等の提示を求められたっておそらくどうにもならないような気がしますが、橋下弁護士なら、仮にも弁護士なのだから、弁護士会からのその種の要請に応えることは簡単にできそうな気がします。

 さらにいうと、橋下弁護士が一本きちんとした懲戒申立てを行い、「俺が皆様の意見を代弁してこんな風に懲戒申し立てを行ったからもう大丈夫だ。あとは俺に任せてくれ」と一言言ってくれれば、各単位会の綱紀委員会の仕事が無駄に増える心配をしなくとも済みます(といいますか、最初からそういってくれればいいのに。)。橋下弁護士が、各単位会の綱紀委員会に恨みがあるのならばともかく、そうでないならば、特に悪いことをしているわけではない綱紀委員会の委員に迷惑をかけることは本意ではないはずです。

 ところで、私は東京にいるのでやしきたかじんさんの番組を見ることができないのですが、橋下弁護士は、光市母子殺害事件の弁護人に対して自ら懲戒申立てを行ったと言っていたのでしょうか?

« 間接寄与者の発信者情報開示 | Accueil | Yahoo!基金 NPO助成プログラム »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: で、徹くんはどうなの?:

» 橋本徹は「良き弁護士」なのか [ダイイン]
おそらくはオウム以降、弁護士や元検察・警察といった人が、コメンテーターとして多く登場するようになった。彼らは捜査の専門家として、もしくは法律の専門家として、事件報道や裁判報道には特に欠かせない存在となっている。 そんな中、今や子どもの誕生までニュースになるほど有名なのが、橋本徹弁護士だ。 最近では、バラエティー番組で光市事件の弁護団に激しい批判を行い「誰でも簡単に懲戒請求が出来ます、21人の弁護士に対して懲戒請求を立ててもらいたい!」と呼びかけた人物でもある。 この呼びかけが発端となって、ネットを... [Lire la suite]

» 今そこにある弁護士自治 [真夜中は別の人]
橋下徹弁護士が、光市母子殺害事件の弁護人に対する懲戒請求を相変わらず煽っているようです。 「法律オタクのお坊ちゃん弁護士が、この弁護団に対して懲戒請求をすることが、逆に違法になるなんてヌカシているけど、心配御無用。」とのことなのですが、そこまで言うのであ... [Lire la suite]

« 間接寄与者の発信者情報開示 | Accueil | Yahoo!基金 NPO助成プログラム »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31