« 讀賣テレビの放送基準 | Accueil | 日本国憲法には「B規約プラス」はない。 »

29/10/2007

自分たちはテレビ局様で,下々の一般庶民から何か言われることには非常に不愉快なんです!

 また、橋下徹弁護士が変わったことをいっています。

皆さんがタクシーに乗って,運転手に不快な思いをさせられたらどうします?銀行の受付窓口で不快な思いをさせられたら?こりゃひでーなーという広告を見たら?食品を買って何か異物が入っていたら? まずは,そのタクシー会社や銀行,広告主,販売業者にクレームを入れるでしょ?
とのことですが、「食品を買って何か異物が入っていたら」クレームを入れるかもしれませんが、「タクシーに乗って,運転手に不快な思いをさせられ」ても、「銀行の受付窓口で不快な思いをさせられ」ても、「こりゃひでーなーという広告を見」ても、「そのタクシー会社や銀行,広告主」に私はいちいちクレームを入れたりはしません。

 まして、全くの第三者から、「あんな悪いやつを、きちんと目的地に運ぶなどけしからん」とタクシー会社にクレームをつけたり、「あんな悪いやつの預金の引き出しに応じるなどけしからん」と銀行にクレームをつけたりはしません。その種のクレームをつける人は、どこの業界でもおかしなクレーマー扱いするのであって、その種のクレームを「非常にありがたい宝なんだ」などと尊重する会社を見たことがありません。別に、タクシー会社も銀行も、自分たちのことをタクシー会社様、銀行様と思っているが故に、「下々の一般庶民から何か言われることには非常に不愉快」としてそれらのクレームを尊重しないわけではなく、自分たちの顧客に本来あるべきサービスを提供することに外部から文句をつける特殊な人々のお相手をしているほど暇ではないからです。

 ところで、情報バラエティ番組で不愉快な発言を繰り返す茶髪のお兄ちゃんについて、「あんなやつ二度と出演させるな」とクレームをつける窓口って、讀賣テレビにありましたっけ?弁護士会の懲戒手続きやそれ以上に、クレームを無視することなく、駄目なら駄目でちゃんとその理由まで示してくれるやつ!。それとも、テレビ局は、「自分たちはテレビ局様で,下々の一般庶民から何か言われることには非常に不愉快なんです」か?。

« 讀賣テレビの放送基準 | Accueil | 日本国憲法には「B規約プラス」はない。 »

Commentaires

タクシーの場合、東京タクシー近代化センター、および大阪タクシー近代化センター(現在は両方ともタクシーセンター)が1969年に設立され、翌年に施行となったタクシー業務適正化特別措置法に基づいた適正化事業の実施機関となっていて、苦情受付窓口をタクシー会社のもとと加えて設置している、という状況からして、小倉さん個人がどうするか、という判断はともかくとして、苦情を言うからおかしいというものでもないし、またそういう法律を作るだけの事情が(少なくとも当時は)あったことは確かなので、苦情を言う人が特殊というわけではないですね。

もちろん、両センターのウェブサイトをみても、苦情を受け付けるのは「実際に乗られた方(または乗ろうとされた方)」となっていますし、苦情は匿名では受け付けていないわけですから、小倉さんの本旨が間違っているわけではないのですが、ちょっと気になりました。

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

» 「不快な思いは我慢するのが、正しい日本人 by小倉秀夫」? [悪徳商法?マニアックス ココログ支店]
いつものことですが、また、小倉秀夫弁護士が変わったことをいっています。 別に、タ [Lire la suite]

» 弁護士なら当事者とそれ以外の区別くらいしてくれ [事象の地平線::---Event Horizon---]
 橋下徹のLawyer’s EYEより。皆さんがタクシーに乗って,運転手に不快な思いをさせられたらどうします?銀行の受付窓口で不快な思いをさせられたら?こりゃひでーなーという広告を見たら?食品を買って何か異物が入っていたら?まずは,そのタクシー会社や銀行,広告主... [Lire la suite]

» 【光市】本村洋さんの手記 [WHYな日々〜アル公務員の日常〜]
◆犯罪被害者白書に手記 光市・母子殺害の本村さん(産経) 本村さんは、手記の中で結婚や長女が誕生したころの幸せな日々や妻の遺体を発見したときの生々しい様子をつづっている。裁判の経過にも詳しく触れ、義母 [Lire la suite]

« 讀賣テレビの放送基準 | Accueil | 日本国憲法には「B規約プラス」はない。 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31