« Social Encyclopediaでのレッテル張りは容認されるべきか。 | Accueil | はてなで政治を語るのはルール違反か »

25/12/2007

現実社会での信用を損なうことなく悪質な印象操作を行う手段としての匿名性

 pbhさんの実名晒しはいけないことなのかというエントリーには、下記のような記載があります。

 ましてや「実名主義者が匿名者の実名を晒すのは偉いかも知れないけど、匿名主義者が他の匿名者の実名を晒すのは悪い事」(la_causette: 小谷野さんが実名晒しを行ったからといってそれを実名論と結びつけるのは、実名晒しが匿名至上主義者たちによりなされてきたことを無視した議論ではないでしょうか。)等と言い出す実名主義の人の「実名である事のプライド」は気持ち悪いを通り越して微笑ましい(´ー`)

 そして、小谷野さんが実名晒しを行ったからといってそれを実名論と結びつけるのは、実名晒しが匿名至上主義者たちによりなされてきたことを無視した議論ではないでしょうか。という部分からは、私のブログのエントリーへのリンクが貼られています。

 これを普通に読むと、la_causetteというブログの 小谷野さんが実名晒しを行ったからといってそれを実名論と結びつけるのは、実名晒しが匿名至上主義者たちによりなされてきたことを無視した議論ではないでしょうか。というエントリーには、「実名主義者が匿名者の実名を晒すのは偉いかも知れないけど、匿名主義者が他の匿名者の実名を晒すのは悪い事」という文章が記載されていると認識することでしょう。そして、la_causetteというブログの開設者が私であるということを知っている人が上記エントリーを読めば、私が「実名主義者が匿名者の実名を晒すのは偉いかも知れないけど、匿名主義者が他の匿名者の実名を晒すのは悪い事」とブログで主張しているものと認識することでしょう(リンクが貼られているからといって、リンク先に飛ぶとは限りません。)。

 しかし、私はそのようなことは書いていないのであり、pbhさんの上記エントリーは、私について(事実に反した)ネガティブな印象操作を図った悪質なものであるということができます。

 なるほど、ネット人格と現実社会での人格とを切り離すことにより、このようなあからさまな印象操作を行う、信用に値しない人物であるという評価を、pbhさんのは現実社会では受けずに済むわけで、何が何でもネットの匿名性を維持しようという理由は納得がいきます。ただ、現実社会での信用を損なうことなくこのような悪質な印象操作を行える状態を維持するということが、日本のネット社会の健全な発展のために必要なのかというと、私は否定的です。

« Social Encyclopediaでのレッテル張りは容認されるべきか。 | Accueil | はてなで政治を語るのはルール違反か »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

» 僕の推測は当たっているという事でOKなの? [風のはて]
昨日の記事で僕は小倉さんの記事にトラックバックした上で、 小倉さんは、実名を公開さえしていれば、ネットいじめや嫌がらせを行ってもよいと考えているのかもしれませんが、 って勝手に推測しているのですが。そこは完全スルーしてで、pbhさんの記事に噛みついてます。  ... [Lire la suite]

« Social Encyclopediaでのレッテル張りは容認されるべきか。 | Accueil | はてなで政治を語るのはルール違反か »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31