« SNSとプライバシー | Accueil | 小野川コラムへの照会の途中経過 »

20/03/2008

総裁人事を政局にしているのはどっち?

 日本銀行の総裁人事に関しては,奇妙な議論が流行しているようです。

 民主党は以前より,日銀総裁人事を日銀出身者と大蔵省出身者のたすきがけとすることに反対していたのですから,元大蔵事務次官を日銀総裁とする案を政府が提示すれば,民主党は原則的にはこれに反対せざるを得ません。もちろん,政府が推挙する人材が余人を持って代え難い能力の持ち主だということであれば,民主党としては,当該人物については大蔵省出身者といえども例外的に日銀総裁とすることに同意するということがいえるでしょうが,大蔵省出身者であるということ以外にはこれといって反対する理由がないというだけでは,筋として,その人事案に賛成することはできないでしょう。

 そういう意味で言えば,元大蔵事務次官を,なぜその人でなければならないかという特段の理由を明示することなく,日銀総裁に推薦し続ける福田首相こそ,日銀総裁人事を政争の具としているということができます。しかし,世の中では,民主党が,日銀総裁人事を政争の具としているかのごとく触れ回る声が大きいようです。

 もちろん,政治学者の「雪斎」氏のように

此度の紛糾の結果、確実にいえることは、民主党は完全に財務省を敵に回したようだということである。民主党は、たとえ政権を取っても、財務官僚の「献身」を期待できまい。そういう状態で、民主党は、予算編成などをうまくやれるのであろうか。先々のことを考えずに、目先のことだけを考えるから、こういうことになる。

として,政権を取った際に財務省に嫌がらせをされたくなかったら財務省の要求には従えということを公然と述べる人から見れば,元大蔵事務次官の(日銀とのたすきがけ)ポストを一つ奪う今回の民主党の行動は平成政治史に残る「愚行」と位置付けられるということはあり得るのかもしれませんが,官僚にサボタージュされたくなければ官僚の既得権に手を付けるなということを言い始めたら,中央官庁改革など永久にできないでしょう。この論理でいえば,中央官僚幹部の天下り規制は諦めるか,財務省だけは規制の対象外としなければ,それもまた「愚行」とされてしまうことでしょう。

 しかし,雪斎氏らに「愚行」と評価されることを恐れて,財務省の意向に過剰に配慮するようでは,民主党は,民主党に対する国民の期待に応えることができないのではないかという気がしてなりません。

« SNSとプライバシー | Accueil | 小野川コラムへの照会の途中経過 »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack

« SNSとプライバシー | Accueil | 小野川コラムへの照会の途中経過 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31