« 刑が重くなったのは手を抜かない弁護士が悪いからだと裁判所が言ってのける社会では刑事弁護などやっていられない。 | Accueil | ネット事業者の説明義務 »

25/04/2008

基本的人権が尊重されることの意義

 わが国の右派とリベラルの違いの一つは,リベラルは基本的人権が尊重される社会を好意的に捉えるのに対し,右派は基本的人権を尊重することを国益を損なうことと捉えているという点にあるのではないかという気がしています。したがって,リベラルは,比較的自分たちに近いところで基本的人権がより尊重されることを望む傾向が強いのに対し,右派は,自分たちが好ましく思っていない国や社会において基本的人権を尊重させることを希求する傾向があるのではないかという気がしています。

 もちろん,これはある種の傾向のお話をしているので,いちいち例外の話をされても「そうかもしれませんね」としか応えようがないのですけど。

« 刑が重くなったのは手を抜かない弁護士が悪いからだと裁判所が言ってのける社会では刑事弁護などやっていられない。 | Accueil | ネット事業者の説明義務 »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 基本的人権が尊重されることの意義:

« 刑が重くなったのは手を抜かない弁護士が悪いからだと裁判所が言ってのける社会では刑事弁護などやっていられない。 | Accueil | ネット事業者の説明義務 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31