« 発言者が氏名と肩書きを名乗るのって現実社会では常識なのですが | Accueil | 中国共産党と梅田望夫さんが考える表現の自由 »

07/05/2008

はてブは今日も必死に実名等を表示できない自分を正当化するコメントで一杯

 昨日のエントリーに対するはてなブックマークコメントですが,匿名の問題を指摘し,あるいは実名の価値を肯定的に評価するエントリーに対してはネットの人はこれを貶めるのに必死すぎますね。

 「誰が言ったかではなく何を言ったかが重要だ」として匿名である自分を肯定してきた人々こそ,「誰が言ったか」を過剰に重視する「職場電凸」に抗議の声を上げるべきだったと思うのですが,そういう方は少なくて,実際には,要約すると「実名や肩書きを明示する奴らは邪な意図を持っているのだから,肩書きを明示したことに対する私的制裁を加えられるのは自業自得だ」というあたりで落ち着いてしまうところが,日本のネットの匿名さんたちの議論の限界かなという感じがします。まあ,匿名さんたちが職場電凸により実名・肩書きを明らかにすることのリスクを高めてくれれば「実名を明らかにできない」自分を自分の中で正当化するのに役立つのだから,この風潮に反対する理由などないと言われればそれまでなんでしょうけど,それも寂しい生き方です。

« 発言者が氏名と肩書きを名乗るのって現実社会では常識なのですが | Accueil | 中国共産党と梅田望夫さんが考える表現の自由 »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack

» どんなネット社会がご希望ですか? [どんなジレンマ]
小倉秀夫さん、こんにちは。エントリ拝読しました。 la_causette: はてブは今日も必死に実名等を表示できない自分を正当化するコメントで一杯 左記より引用 要約すると「実名や肩書きを明示する奴らは邪な意図を持っているのだから,肩書きを明示したことに対する私的制裁... [Lire la suite]

« 発言者が氏名と肩書きを名乗るのって現実社会では常識なのですが | Accueil | 中国共産党と梅田望夫さんが考える表現の自由 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31