« わざわざ引っ越すことはないけれど | Accueil | 純粋に「民間」に任せるとどうなるのかという一事例 »

01/05/2008

「ネット」による弾圧から表現の自由を守る

 産経新聞の記事によれば

学内での言論が脅迫などの対象となったことについて、デューク大学のデービッド・パレッツ教授(政治学)は、「大学で言論の自由が得られないなら、一体どこで得られるというのか。インターネットの登場によって、言論の自由に対する対価は高くつき始めている」と懸念を示した。

とのことです。

 昨今の青山学院大学の件を見ても,日本でも「インターネットの登場によって、言論の自由に対する対価は高くつき始めている」ように思います。「有害情報」を青少年に送りつけることを「表現の自由」の名の下にこれを保護すべきだという声を上げる団体はMIAUを含めて少なからずあるのですが,「ネット」による「弾圧」から「表現の自由」を守れという声はなかなか上がらないのが残念なところです。

« わざわざ引っ越すことはないけれど | Accueil | 純粋に「民間」に任せるとどうなるのかという一事例 »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

» 韓国のフィルタリング事情 [東方不敗の幻想]
韓国の知人から返信。 規制推進派は、規制の抜け道を防ぐ参考に。 規制反対派にも、参考としてどうぞ。 以下はメールの個人的やりとりをはぶいて、私が修正したもの。「思う」「だろう」などの表現は、知人の意見をそのまま残している。なお私は韓国語がまったくできない。知人が恐ろしく流暢なのだ。4カ国語くらいを自由に操る。 昨日や今日発表された、集団レイプの被加害者は10数人。加害者には中学生もいた。 ネット検索したところ、50人から100人という数字は今までその小学校で、同性や異性間のセクハラなどにか... [Lire la suite]

» 実名制の弊害ーネット実名制のもたらすもの [異論-はにはに-Observation]
以下は、ネットを実名にすべきとの主張をお持ちの小倉秀夫さんの ブログ記事『「ネット」による弾圧から表現の自由を守る』 (http://benli.cocolog-... [Lire la suite]

« わざわざ引っ越すことはないけれど | Accueil | 純粋に「民間」に任せるとどうなるのかという一事例 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31