« 医療事故の実態を知りたければまず俺たちを免責せよという要求について | Accueil | 刑事罰は業界を崩壊させるのか »

15/06/2008

現代の肖像:鈴木利廣弁護士

 今週号(6月16日号)のAERAの「現代の肖像」は、医療過誤紛争の原告側(患者側)の弁護士として著名な鈴木利廣弁護士を取り上げています。

 ネットではとかく、患者を死に至らしめる医師たちの声ばかり大きく、患者側の弁護士は無能で強欲な人間扱いされがちですが、その道のパイオニア兼未だに第一線という「一流」の弁護士の声を知っていただけるとうれしいです。

« 医療事故の実態を知りたければまず俺たちを免責せよという要求について | Accueil | 刑事罰は業界を崩壊させるのか »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/41538311

Voici les sites qui parlent de 現代の肖像:鈴木利廣弁護士:

« 医療事故の実態を知りたければまず俺たちを免責せよという要求について | Accueil | 刑事罰は業界を崩壊させるのか »

septembre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30