« 労働環境に関する問題は労使関係の問題と考えるのが筋 | Accueil | 現状の改善に現実につながる議論がきちんと行われない場を「レベルが高い」と評価することにとても違和感あり »

11/06/2008

矢部先生に期待しても…ってことだったようです。

 矢部先生からコメントを頂きました。本来は,メールで直接にやりとりするべき内容なのですが,最近3回にわたり矢部先生にコメントを投稿いただいた際に,矢部先生は1回1回異なる文字列をメールアドレス欄にご入力されていますし,最初にご入力いただいたアドレスに宛ててメールを送信したところ,そんなアドレスはないとしてMail Delivery Subsystemからの突き返しを食らってしまいましたので,こちらで言及させていただきます。

 矢部先生のコメントの内容は下記のとおりです。

私のブログのコメント欄にあなたに対する人格攻撃があるというのであれば、あなたがコメント欄でお書きになった

>矢部先生のブログのコメント欄の「空気」が、「日本の医師は無条件にすばらしい。それなのに、マスコミも、官僚も、法曹も、患者たちも、おのが欲望のために、不当に医師たちに言いがかりをふっかけてくる。医師の行動にこれらの輩が文句を言うことは許さないぞ!」という類のものであることは理解していますが、

これは、私および私のブログへの投稿者に対する虚構の事実に基づく人格攻撃です。
私に矜持を求めるのであれば、まずあなたが示すべきでしょう。

 矢部先生が私に読めと仰った「空気」についての理解が矢部先生のものと異なっているということをもって「挙行の事実」だの「人格攻撃」だのと捉えることもどうかしていると思いますし,矢部先生のブログのコメント欄の「空気」を素晴らしいものと褒め称えなければ,そこで行われている個人攻撃に対してしかるべき措置を講じないと宣言するのも如何なものかと思われます。といいますか,「空気」に対する評価が人格攻撃なんでしょうか。

 実体面でいうと,矢部先生のブログの,特に医療問題に関するエントリーのコメント欄についていえば,日本の医師を,世界一質が高く,しかも自己犠牲の精神に満ちた素晴らしい存在であると自画自賛する書き込みが多く投稿される一方,そのような医師たちの意に沿わない行動をする法曹,マスコミ,厚労省等の官僚,患者たちについては,酷い言われ様をしており(あそこでの患者側訴訟代理人を務める弁護士の言われ様は,患者側を引き受けない私から見ても酷いと思いますし。),それがブログ主により容認されているわけですから,そこでの「空気」を上記のように要約することがあながち外れていないことは明らかであります。

« 労働環境に関する問題は労使関係の問題と考えるのが筋 | Accueil | 現状の改善に現実につながる議論がきちんと行われない場を「レベルが高い」と評価することにとても違和感あり »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13499/41499812

Voici les sites qui parlent de 矢部先生に期待しても…ってことだったようです。:

« 労働環境に関する問題は労使関係の問題と考えるのが筋 | Accueil | 現状の改善に現実につながる議論がきちんと行われない場を「レベルが高い」と評価することにとても違和感あり »

septembre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30