« 被害の大きさを無視した議論は無意味 | Accueil | 全国の国選弁護人≒お医者様約20人? »

21/10/2008

報道機関に対する中立性

 橋下大阪府知事が,

「朝日はからかい半分で、事実誤認もあり今すぐ廃業すべきだ」と述べた。
とのことです。橋下知事が出演していたサンデージャポンがどのような番組だったかは忘れてあげることにしたとしても,民主主義社会において,公権力の担い手が,特定の報道機関について名指しでその廃業を求めるというのは,やってはいけないことです。民主主義国においては,公権力の担い手としてしかるべきポジションに就いている人物は,報道機関に対して中立的であることが求められるのです。

 そういう意味では,新聞協会は,左右のイデオロギー対立を忘れて,直ちに橋下知事のこの発言に抗議し,撤回させるべきです。仮に,ブッシュ大統領が,国軍をバックにして,民主党よりのNewYork Timesを名指ししてその廃業を求める演説を行ったとしたら,共和党支持のメディアを含めて猛抗議を行うと思います。その程度の団結力もないのであれば,新聞協会なんて意味ないではないかという気がします。

 なお「大阪では普通のことだ」と言われても,大阪府もまた,日本国憲法が適用される地域ですから,表現の自由や報道の自由は守らなければならないことに変わりはありません。

« 被害の大きさを無視した議論は無意味 | Accueil | 全国の国選弁護人≒お医者様約20人? »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 報道機関に対する中立性:

« 被害の大きさを無視した議論は無意味 | Accueil | 全国の国選弁護人≒お医者様約20人? »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31