« 「医療水準と医療の裁量性──福島県立大野病院事件・福島地裁判決を中心に」 | Accueil | 銀のスプーン »

11/11/2008

無邪気の勝ち

 田母神論文問題等を見ていて,昭和初期の日本は悪いことをしていない或いは日本だけが責められるいわれはないと声高に主張したがっている人は何がしたいのだろうかと,疑問に思ってしまいます。

 そのような主張をする人々がそのような主張をすることによって日本の対外的な評価を高めたことはこれまでもなかったのだから,おそらく同じようなことをやっても日本の対外的評価を高めることもないだろうということは,概ね見当が付くのだろうと思うのですが。

 日本の対外評価を高めるという点に関しては,名前が同じだと言うだけで無邪気にオバマ候補を応援してしまう小浜市民の方がよほど役に立っていることにいい加減気がつけばいいのに,と心より思ってしまいます。

« 「医療水準と医療の裁量性──福島県立大野病院事件・福島地裁判決を中心に」 | Accueil | 銀のスプーン »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 無邪気の勝ち:

« 「医療水準と医療の裁量性──福島県立大野病院事件・福島地裁判決を中心に」 | Accueil | 銀のスプーン »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31