« むしろ,ジャーナリストとして怠慢 | Accueil | 縦書or横書 »

16/12/2008

もって他山の石となす

 我が国の法制度について少し調べれば普通の理解力のある人であれば嘘だとわかるデマを流してこれをあしざまに罵る人々を愛国者だと讃える人々がいるということは,ある意味驚くに値します。また,国会議員や国政選挙立候補予定者が公然と近隣諸国ないしその国民についてかなり根拠の乏しい陰謀論を公然と宣い我が国の国際的な評判を落としめようとしているのを拍手喝采している人が,「日本が大好き」などと自称していることに,ある種の倒錯を感じます。

 ハイダー氏が入閣することによりオーストリアの国際的評価がどうなったのか,ルペン氏が大統領選の決選投票に残ったことによりフランスの国際的評価がどうなったのか,そう遠くない歴史を振り返っても,ゼノフォビアがその国の国内で支持を集めることが如何に「国益」に反するのかを,私たちは再確認することができます。アメリカ人が「フレンチフライ」を「フリーダムフライ」と言い換えたときのことを思い起こせば,自国にまつろわぬ国をあしざまに表現することがいかに子供じみて映るかを,私たちは再認識することができます。まさに,「もって他山の石とする」べきなのです。

« むしろ,ジャーナリストとして怠慢 | Accueil | 縦書or横書 »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: もって他山の石となす:

« むしろ,ジャーナリストとして怠慢 | Accueil | 縦書or横書 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31