« 人権は政府から与えられるものではない。 | Accueil | 解雇に伴う寮からの即時退去要求と負の広告効果 »

05/01/2009

「君側の奸」症候群

 「『正社員』を『敵』として祭り上げる言論の流行」というエントリーに対し、JavaBlackさんからトラックバックをいただきました。

そして低すぎる雇用流動性,新卒偏重,非正規雇用差別などの問題の多くが,(正社員の)年功序列賃金に根ざしている.これを是正する上で,上がりすぎた(主にバブル期以前の)中高年正社員の待遇引き下げは,避けて通れない問題だということに過ぎない.
「正社員 vs 非正規雇用」
というよりはむしろ
「中高年正社員&労働組合 vs 若手正社員&非正規雇用」
という図式で見なければ問題の本質を見誤る恐れがある.
とのことです。

 世の中の経営者たちは若年正社員や非正規雇用労働者の処遇を引き上げたくてたまらないのに中高年正社員の人件費が高すぎてそちらにお金を回すことができないという状況にあるのだとすればそのようなことはいえるのかもしれません。しかし、世の中の経営者たちが、若年か中高年かを問わず、正社員か非正規労働者かを問わず、可能な限り人件費は引き下げたいと考えているのであれば、中高年正社員の給与水準を引き下げても、若年正社員や非正規労働者の処遇は改善されないということになります。なぜなら、例えば従前時間単価1500円で採用できていた非正規労働者は、中高年正社員の給与が半額になったところで、やはり時間単価1500円で採用できることが予測される以上、時間単価2000円で募集をかけるインセンティブは経営者には存在しないからです(むしろ、中高年正社員の給与を減額することによって浮いたコストは、経営者と株主とで分け合う方が、経営者としては魅力的です。)。

 また、中高年正社員の人件費コストがさほどではない、労働組合もないか又は非常に弱い、比較的若い企業において、若年正社員や非正規労働者の労働環境がそんなに素晴らしかったのかというとそうでもなくて、むしろ、労働者に分配するお金が節約できている分、一握りの経営者たちがその生み出す富の多くを握っていたのではないかという気がします。

 ということで、JavaBlackさんのような、中高年正社員&労働組合をいわば「君側の奸」と見なして彼らを叩けば生来善良な経営者たちが自分たちを厚遇してくれるはずだという考えは、とてもメルヘンチックに過ぎるように思われます。

« 人権は政府から与えられるものではない。 | Accueil | 解雇に伴う寮からの即時退去要求と負の広告効果 »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 「君側の奸」症候群:

» [転職][就職氷河期][非正規雇用]「「君側の奸」症候群」への反論 [カレーなる辛口Javaな転職日記]
http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2009/01/post-0a23.html あまりにもどうしようもなく,本当に救いようがない馬鹿らしいが,一応反論だけはしておく.  ということで、JavaBlackさんのような、中高年正社員&労働組合をいわば「君側の奸」と見なして彼らを叩け... [Lire la suite]

» 王冠が見えないだけだ [非国民通信]
 文学史上では、勧善懲悪からの脱却が近代化の一つの節目として扱われます。勧善懲悪の時代であれば、「悪い奴」をやっつけてめでたしめでたし、それが物語の主流でした。しかるに人間の住む世の中はそう単純ではない、その単純ではない世界を描き始めたのが文学史上における近代なのです。とはいえ、これは狭い文学界の話、文学とは無縁な社会に生きる人々の世界認識はどうでしょうか?  残念ながら、少なくとも日本の場合は今なお勧善懲悪の世界から一歩たりとも抜け出すことが出来ていないようです。世の中が上手く行かないのは、どこ... [Lire la suite]

« 人権は政府から与えられるものではない。 | Accueil | 解雇に伴う寮からの即時退去要求と負の広告効果 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31