« 裁判所の認定に反しない内容の証言をした証人について偽証の疑いで強制捜査することを許可する令状当番が存在する街,大阪 | Accueil | 食糧輸入国に労働力ダンピングは難しい »

16/01/2009

大隈記念奨学生の集い

 今日は、早稲田大学の大隈ガーデンハウスの2階で、「大隈記念奨学生の集い」というのが行われました。私も、学生時代に大隈記念奨学金をいただいたOBとしてこの集いにご招待いただきましたので、出席してきました。

 前向きに生きている優秀な学生たちと話をするのはとても気分の良いものであり、また、同じく大隈記念奨学金を受けていたサークルの先輩後輩等にお会いするのも懐かしい限りです。

 とはいえ、日本国内では比較的奨学金が充実している早稲田大学ですら、年間の授業料を相当程度満たす程度の給付型奨学金を受けられるのはほんの一握りという現実が、恒常的なアルバイトをせざるを得ない状況に学生を追い込み、これによって、若年者失業率を引き下げる役割を担っているのは悲しいことです。大学の授業料がほぼ無料であり、かつ、生活費等を賄うために広く給付型の奨学金が支給されるフランスにおいて我が国より若年者失業率が高いことを鬼の首を取ったようにあげつらう向きもあるようですが、15歳〜24歳の約6割が進学しているとすると、進学者の9割がアルバイトを余儀なくされる場合と、進学者はアルバイトをする必要がない社会とでは、在学中でない若年者の中での失業率が一定だとしても、全体としての失業率は2倍近い差が生じますわけで、どちらが若者の優しいのだろうかという問題を生じそうです。

« 裁判所の認定に反しない内容の証言をした証人について偽証の疑いで強制捜査することを許可する令状当番が存在する街,大阪 | Accueil | 食糧輸入国に労働力ダンピングは難しい »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 大隈記念奨学生の集い:

» はぶられている [けったいな刑法学者の戯れ言]
今日は、早稲田大学の大隈ガーデンハウスの2階で、「大隈記念奨学生の集い」という... [Lire la suite]

« 裁判所の認定に反しない内容の証言をした証人について偽証の疑いで強制捜査することを許可する令状当番が存在する街,大阪 | Accueil | 食糧輸入国に労働力ダンピングは難しい »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31