« 格差の正体 | Accueil | ノーワーキング・リッチ »

10/01/2009

現実の派遣事業者はピンハネする。

 池田信夫先生が、再び過度に単純化したモデルで、労働者保護政策を否定しています

 「200人が正社員で100人が派遣、正社員の年収は400万円、派遣は200万円だ」と仮定し、かつ、派遣事業者が無償で派遣事業を営んであるときにしか、池田先生が提示する「算数」は成立しません。

 実際のところ、フルタイムの工場労働だと派遣労働者の給料水準は正社員の半分よりは高いし、派遣事業者は相当程度の中間搾取を行っています。「200人が正社員で100人が派遣、正社員の年収は400万円、派遣は300万円、派遣会社のピンハネ率4割」と仮定すると、社会保険料等の負担を無視すれば、派遣社員を全て正社員化することで、賃金原資を維持したままで、従前より25人余分に労働者を雇用することができます。といいますか、整理解雇の要件を満たさずとも恣意的に労働者を解雇できるということのために、正社員労働者に支払う給料分よりも高額の派遣料金を企業が派遣会社に支払っている例というのは、さほど珍しい話ではありません。。

 教科書的な説明をするためにモデルを単純化すること自体を否定するつもりはないのですが、その単純化したモデルにおいて導かれた結論を現実と混同するのは、避けた方がよいように思います。

« 格差の正体 | Accueil | ノーワーキング・リッチ »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 現実の派遣事業者はピンハネする。:

» 国内工場はもういらない [Mutteraway]
昨夜、小倉さんへのリプライ記事を書いたあとで、国内工場(雇用)の必然性について再考してみました。実は、以前から良く聞いていたのですが、日本から中国やアジアへ工場進出した... [Lire la suite]

« 格差の正体 | Accueil | ノーワーキング・リッチ »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31