« 飢え死にするか、過労死するかの選択を迫る新自由主義 | Accueil | 「製造業への労働者派遣の禁止」論への批判者の問題点 »

28/01/2009

時代遅れはどっち

 それにしても、サブプライム問題以降、思考訓練としてはともかく、現実の政策としては時代に遅れになってしまった新自由主義の信奉者が日本のネット界にはたくさん生き残っているというのは面白い現象です。

 新自由主義を採用して富を一握りの資本家と大企業経営者に集中させた場合には、結局、内需を諦め外需頼みとするか、低所得者層に借金をさせて内需を維持するかの選択を迫られます。後者を選択したのが米国であり、結局、低所得者層が(案の定)借金の返済ができなくなり、それが金融機関を震源地とする恐慌の引き金を引くことになりました。これに対し、前者を選択した日本は、外需の激減とともに、製造業者を震源地とする恐慌を迎えるようになったわけです。

 リーマンショック等をきっかけに、新自由主義の失敗が明らかになったからそこ、米国大統領選挙では共和党が支持を失っていったわけです。大統領選挙のルポを見ればわかりますが、白人のキリスト教保守派の人々の中ですら、中絶禁止問題等で意に沿わないことがわかっていても、経済問題を重視してオバマ氏に投票する人々が少なからず存在していたのです。

 今更、解雇規制をなくし、労働者に絶えず賃金の安売り競争を強いることで、国内の労働者の賃金水準を「生存に最低必要な水準」に近づける経済政策をとることが、経済の持続的な発展に繋がらないことはもはや誰の目にも明らかなのに、需要曲線が常に不変という非現実的なモデルにしがみついて、新自由主義の旗を未だに振っている人が元気でいることはまさに驚きです。

« 飢え死にするか、過労死するかの選択を迫る新自由主義 | Accueil | 「製造業への労働者派遣の禁止」論への批判者の問題点 »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 時代遅れはどっち:

» 社会が活気に溢れ、底辺が最小限になるしくみを考えよう [Mutteraway]
明けない夜はありません。今の大不況もいつかは終わります。しかし途上国という経済発展の「のりしろ」もどんどん少なくなっている。これからは何十年も続く右肩上がりの発展は見込... [Lire la suite]

» 雇用者数と労働時間 [夕螺の読書ブログ]
ある企業が1日に製品を1万個生産するとする。そのためにはその企業は100人の生産現場で雇用する必要があるとする。100人は原則的には8時間労働。その他に残業をする。ところが今のように不況に突入してしまい2割の減産をしなければならなくなった。そうする...... [Lire la suite]

« 飢え死にするか、過労死するかの選択を迫る新自由主義 | Accueil | 「製造業への労働者派遣の禁止」論への批判者の問題点 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31