« 神頼み経済学 | Accueil | Working Class Hero »

26/02/2009

Class Warfare

 日本の新自由主義者がどう言おうと,英文サイトを見る限り,"class warfare"(階級闘争)という言葉が大流行です。それも,発展途上国の話ではなく,米国等の先進国のお話としてです。"class divide"(階級格差)という言葉も普通に使われています。まあ,マルクスは資本主義の研究者としては一流だったので,資本主義社会を分析するにあたっては,マルクスが開発した諸概念を用いることは有益ですから(そもそも"Capitalism"(資本主義)自体,マルクスの造語ですし。),当然のことなのですが。

 もちろん,池田信夫先生より経済学者として高く評価されているクルーグマン教授はブッシュの富裕層優遇政策を「class warfare」と評価していたわけですが,ここへ来て,オバマ大統領の経済政策に関して,逆の意味で「class warfare」との評価が生じているようです。同時に,「Soak the Rich」(金持ちに重税を課せ)という言葉も英文サイトで大量に検出されるようです。

 「規制を緩和して,もっと富を一握りの人に集中させて,その他大勢を貧しくさせよう」という時代は米国では終わりつつあるようです。なにせ,msnbcですら,"30-year deregulation era dies a sudden death"(30年にわたる規制緩和時代が突然死を迎える)みたいな文章を掲載してしまうくらいですから。日本では,そういう現実に目を閉ざし,世代間対立を煽って目くらましするのが,一部の経済学者とそのファンの間で流行っているようですが。

« 神頼み経済学 | Accueil | Working Class Hero »

Commentaires

Poster un commentaire

Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.

(Ne sera pas visible avec le commentaire.)

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: Class Warfare:

« 神頼み経済学 | Accueil | Working Class Hero »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31