« 限界生産力説の帰結 | Accueil | 池田先生や木村剛さんが望むような経済政策を実行するとどうなるか »

14/02/2009

グーグルで“かんぽの宿”を検索してみた

 エイベックス取締役で,竹中平蔵大臣の元秘書官であった岸博幸さんが次のように述べています。

 皆さんもグーグルやヤフーで“かんぽの宿”を検索してみてください。検索結果の最初の数ページを開いてみると、驚くまでに同じような内容、具体的にはオリックス政商論、小泉—竹中—宮内陰謀論、日本郵政不正論のオンパレードです。それも、評論家と称する一部の人たちの意見の引用と礼賛ばかりが目につきます。もちろん、丹念に探せばそれと反対の意見もネット上に出ているのでしょう。しかし、検索の上位に来なければ埋もれるだけです。

 さっそく,グーグルで“かんぽの宿”を検索してみました。

 「かんぽの宿のニュース検索結果」として,「かんぽの宿 一括譲渡の白紙撤回は当然だ(2月14日付・読売社説)」が一番上位に表示されていました。これは,仕方がないですね。日本で一番発行部数が多い新聞の社説ですから。

 次に表示されたのは「かんぽの宿 | HOME」です。まあ,「かんぽの宿」は今でも営業しているわけですから,そのウェブサイトが上位に表示されるのも当然です。その次の「かんぽの宿 | 宿をさがす」も同類です。

 その次に表示されているのは,「かんぽの宿 - Wikipedia」です。Wikipediaはすっかり百科事典代わりとして定着してしまいましたから,これも仕方のないところです。

 その次が「全国のかんぽの宿/公共の宿 [旅行と宿のクリップ]」です。これも,「かんぽの宿」は今でも営業しているわけですから,上位に表示されないと困ってしまいますね。

 その次が,産経-msnネットの記事で,「【かんぽの宿譲渡問題】鳩山総務相が「竹中論文」に猛反論 (1/2ページ ...」と「【竹中平蔵 ポリシー・ウオッチ】かんぽの宿は“不良債権” - MSN産経 ...」とがセットになっています。その次が朝日新聞社のサイトで,「asahi.com(朝日新聞社):かんぽの宿買うてもええ 有馬温泉観光協が ...」と「asahi.com(朝日新聞社):かんぽの宿、売却白紙 日本郵政、オリックス ...」がセットになっています。

 その次が「かんぽの宿をまた~り利用してみませんか?かんぽ宿情報」というかんぽの宿に泊まりたい人向けの情報です。その次が,「かんぽの宿譲渡問題 - Yahoo!ニュース」,その次が,「簡保の宿関係リンク」というかんぽの宿に泊まりたい人向けの情報です。その次の「石和温泉 かんぽの宿石和」もそうです。

 次の「「ラフレさいたま」は「かんぽの宿」ではなかった(視察速報) - 保坂展 ...」でようやく,日本郵政不正論を唱える個人ブログに到達します。とはいえ,このブログのブログ主は,現職の国会議員です。

 さらに「【楽天トラベル】かんぽの宿 柳川 詳細情報」(これも,かんぽの宿に泊まりたい人向けの情報です。)が掲載され,つづけて「J-CASTニュース : 「かんぽの宿」オリックス売却問題 竹中平蔵氏と鳩山 ...」というニュースサイトの記事が表示されます。つづけて,「週刊!木村剛 powered by ココログ: [ゴーログ]かんぽの宿は鳩山大臣 ...」が表示されていますが,木村さんはむしろ,「反対の意見」を述べているように思われます。この後の「ネットゲリラ: 「かんぽの宿」が赤字という大嘘」でようやく,岸さんが述べるようなエントリーに近くなってきますが,でも,「オリックス政商論、小泉—竹中—宮内陰謀論、日本郵政不正論のオンパレード」とまではいえなさそうです。その後,TBSの動画ニュース ,読売新聞社のニュースサイトとつなぎ,やっと「かんぽの宿・4 - codemaniaxの脱・公務員宣言」ではてな住民のエントリーにぶつかります。ただ,これも岸さんがいう「反対の意見」サイドのものです。

 さらに,「鳥取「かんぽの宿」で嫌儲はやめてくれ - 不動産屋のラノベ読み」が表示されていますが,これも「反対の意見」サイドのものです。さらに,毎日新聞社のニュース記事が掲載され,その次に「「かんぽの宿」への政治対応はモラルハザードの塊|岸博幸の ...」という岸さん自身の記事が掲載されています。

 このようにみると,検索上位についてみれば,「オリックス政商論、小泉—竹中—宮内陰謀論、日本郵政不正論のオンパレード」なんてことは全然ないということができます。にもかかわらず,「オリックス政商論、小泉—竹中—宮内陰謀論、日本郵政不正論のオンパレード」であることを前提に,

私は個人的に、“かんぽの宿”騒ぎを通じてその答えが明確になったと思っています。日本のネットはゴミの山であり、ジャーナリズムの担い手になり得ないことはもちろん、民主主義の強化に何の貢献もしていないと確信しています。

といってしまっている岸さんは思いこみが激しすぎるように思います。

« 限界生産力説の帰結 | Accueil | 池田先生や木村剛さんが望むような経済政策を実行するとどうなるか »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack

» [はてブ]こちらのブログをブックマークさせてもらったのですが、わたしもかんぽの宿をGoogleで検索してみました。 [フォトライフ&はてブのダイアリー]
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2009/02/post-891b.html 管理人の方が言及されているように、検索上位についてみれば,「オリックス政商論、小泉―竹中―宮内陰謀論、日本郵政不正論のオンパレード」なんてことは全然ありませんで... [Lire la suite]

» あきれた日本郵政の経営感覚 [文理両道]
 かんぽの宿のうち2件がなんと1万円で売却され、そのうちの1件が6000万円で転売されたという。更に、70施設を民間企業に一括売却しようとしていたが、これに対して、鳩山邦夫総務相が懸念を示した。  当然のことだ。日本郵政の主張は、「70施設の資産価値は簿価126億円(19年秋時点)から負債を除いた93億円で、譲渡額109億円は適正」とのことらしい。ちらりと観たテレビでも、いわゆる識者らしき人物が、日本郵政に理解を示したような発言をしていたが、普通の感覚だったらこんな計算はしないだろう。  そもそ... [Lire la suite]

« 限界生産力説の帰結 | Accueil | 池田先生や木村剛さんが望むような経済政策を実行するとどうなるか »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31