« 経団連等の経営者団体はなぜ「法人税減税、消費税増税」要求でまとまれるのか | Accueil | きちんとした手続を踏めばOKということです。 »

07/02/2009

スクテイクの不足が日本経済の内需の弱さの原因?

 また、池田先生は、このようにも述べています。

昨年の経済財政白書は、日本経済の内需の弱さの原因をリスクテイクの不足に求めている。この最大の原因は、非効率な金融システムだ。図のように、日本の個人金融資産に占める預金の比率はほぼ半分で、主要国で群を抜いて高い。資産の半分が元本保証で運用されているため、資産構成がローリスク・ローリターンに片寄り、ハイリスクの市場が欠落しているのだ。

 リンク先の経済財政白書をざっと読む分にはそこまでは言っていないように思います。預金を株式・投資信託に切り替えたからといって、中長期的にみて家計支出が増大するとする理由はさほどありません。もちろん、株式・投資信託等の配当金ないし売買差益が預金金利よりも恒常的に高ければその分は若干家計支出の増大に寄与するかもしれませんが、多くの投資信託の運用実績がマイナスである現在、預金を株式・投資信託に切り替えた家計がもっと多かったら内需はもっと落ち込んでいたのではないかという気がしなくもありません。といいますか、普通に考えると、リスクマネーの割合が高いと、むしろ、不況期の家計消費の落ち込みは激しくなるのではないかと思ったりします。

« 経団連等の経営者団体はなぜ「法人税減税、消費税増税」要求でまとまれるのか | Accueil | きちんとした手続を踏めばOKということです。 »

Commentaires

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack

» 金利ランキング [金利ランキング]
金利ランキングをチェックすると、金利の低いところがよくわかりますね。お金を借りるには、少しでも金利が低いほうがいいので、こういったサイトを調べてみるといいですね。 [Lire la suite]

» 構造改革による内需拡大と雇用創出 [Mutteraway]
ローリスク・ローリターンは今の日本人の国民性でしょうか。池田氏のこの記事によれば、家計ポートフォリオの国別比較で、日本の家計資産の50.4%は現金・貯金だそうです。日本人に必... [Lire la suite]

« 経団連等の経営者団体はなぜ「法人税減税、消費税増税」要求でまとまれるのか | Accueil | きちんとした手続を踏めばOKということです。 »

octobre 2017
dim. lun. mar. mer. jeu. ven. sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31